2012年2月11日公開

逆転裁判

1352012年2月11日公開
逆転裁判
2.7

/ 553

7%
21%
28%
24%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

近未来、政府は弁護士と検事の直接対決により3日間で判決を下す「序審裁判」制度を導入。上司が殺害された事件で被告の弁護人となった新人弁護士・成歩堂龍一(成宮寛貴)は、幼なじみの天才検事・御剣怜侍(斎藤工)と法廷で激しいバトルを繰り広げる。その裁判の後、成歩堂のもとに御剣が殺人容疑で逮捕されたという知らせが届き、御剣の弁護を引き受けるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(281件)

コミカル16.4%笑える15.0%楽しい14.9%知的7.5%かっこいい6.5%

  • biz********

    1.0

    ネタバレいや、そりゃそうなるでしょう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ent********

    1.0

    ネタバレ色々どうした?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sak********

    1.0

    原作の本質

    原作が好きで、今更ながら観ました。監督さんに言いたいのですが、成歩堂は基本「無駄に堂々としていている」のです。実はビクビクしていながらも、ハッタリで被告人を追い詰めていくところが面白いのです。 この映画は主人公が終始情けない感じなので、爽快感がまるでない。原作の一番いい部分が、まるで再現されてないんだと思います。 原作ありきで映画を作るお仕事を請け負うなら、もう少し原作を研究して欲しいと思いました。エンタメ映画やるならしっかりエンタメしてもらわないと、中途半端にコメディかドラマかどっちかずな作品は、酷評を生むだけで無意味だと思います。 原作から映画を作るなら、まず、何が原作のどこがウケたのか理由を真剣に考えないと、日本映画の実写化作品はクズの掃き溜めで、ただの受け皿になると思います。 テキトーに仕事するなら請け負わないでほしい。

  • twi********

    3.0

    ネタバレコミカルキャラですが、意外と…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • タカシ

    2.0

    見れなくは無いけど駄作寸前

    対して面白さや意外性のない事件を同じ部屋でテンプレ通りダラダラやってるだけ。 新しさも意外性もないテレビドラマみたいな内容。 ギャグは笑える部分もあるし髪型も気にならないけどキャラのテンションは変だし主人公はうだつが上がらなくてイライラするし殺された女が出てる変な地下通路のシーンとかファンタジーよりの映画でもこれはないなって思うリアリティの無さだし 最初の考える人時計事件を見るのが限界でした。 頭使うしっかり見てなきゃいけない内容でこの平坦さはきつい。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
逆転裁判

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日