2011年11月26日公開

ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-

1102011年11月26日公開
ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-
2.9

/ 55

18%
22%
13%
22%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

名古屋の女子高生あさみ(有村架純)が友人の優(竹富聖花)ら5人と戦国ショーを観ていると、奇妙な光に飲み込まれ戦国時代にタイムスリップしてしまう。間もなく5人は農民に捕まってしまい、岐阜城に連れていかれる途中で野武士に襲撃され、あさみはヒロ子(荒井萌)と公平(賀来賢人)と離れ離れになってしまう。残された3人は、農民に連れられ岐阜城にたどり着き、かの有名な織田信長(松方弘樹)と対面するのだが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(13件)

笑える14.6%かわいい12.2%楽しい12.2%かっこいい9.8%ファンタジー9.8%

  • cyborg_she_loves

    2.0

    本気度は高いですけど

    へー、ここのレビューが今まで12件しかなかったというのはちょっと意外。  そこそこ話題になった映画だったような気もするんだけど。  「マジすか学園」も私は全然面白いとは感じないんですけど、ただ、見てる人を楽しませようとみんながすごい本気出して作ってるのは伝わってくるので、見ててある種の好感はもつんですよね。  同じ佐藤太監督のこの「ギャルバサラ」も、よく似た印象があります。  ストーリーは、私は「月並み」としか感じませんでしたが、そこらへんのアイドル映画みたいに、とりあえずアイドル出しとけば客が入る的な気楽なやり方で作ってるんじゃなくて、見る人が出演アイドルのファンじゃなくても楽しめる映画にしようと全力で作ってるのは伝わってきます。  とはいえ、「戦国時代は圏外です」というタイトルを見れば大体こんな感じの映画だということは誰でも予想する範囲をそれほど大きく超えるような意外な要素は何もない、という意味で、退屈な映画でした。  私は、最近の有村架純さんは大好きですけど、この映画が公開された頃はどの映画やドラマを見ても、見た目は滅茶苦茶かわいいんだけど何だかやけに印象が薄い人だなあ、という感じしか抱いていませんでした。  この映画もそうです。  アイドル映画なんだけど、見てるこっちの正気を失わせるほど破壊的にかわいい人っていうのは、ここにはいないような気がする。

  • jun********

    1.0

    もうちょっと、なんか~

    武将たちの振る舞いが、現代のおじさんのまんまなので~ なんの緊張感もなし~ やる気の無い映画みると、脱力感がはんぱない~

  • shi********

    4.0

    架純さんの今後に期待

    これはかなりの拾い物かもしれない。 タイムスリップものなんで、それなりに突っ込み所はあるんだが、意外とストーリーがしっかりしていて、出ている若手の役者さんも、それなりの演技をしている。 少なくとも学芸会レベルではない。 アクションシーンはお世辞にも凄いとはいえないが、オーソドックスな涙腺を刺激するようなシーンもあり、特に最後は「絶対そうだよな」と思うものが、キッチリあって、わかってはいるものの感動してしまう。 無理矢理なのかわかってないのか定かではないが、どう考えてもおかしい回想とそれに対しての展開があるのだが、まあ深く考えなければサラッと流せてしまうはずだ。 主人公の有村架純さんは、最初は平凡な女の子のような感じを受けたが、観ているうちに引き込まれていくような美しさを持っている…と思った。

  • ckatagiri38

    5.0

    青春ハートフルコメディ!

    11/22(火)、名古屋で行われた先行上映会で観てきました。 若いキャストが多く、どんな感じの映画なのかな?と軽い感じでしたが、 予想以上に楽しめて、正直ビックリしました。 よくありがちなタイムスリップものと思いきや、今回は携帯電話がキーになって展開しており、まずは脚本がよく練られているなと思いました。 監督は、「マジすか学園」を撮った佐藤監督。女の子の撮り方が非常に上手だと思います。主役の有村架純をはじめSKE48の木?ゆりあ・小木曽汐莉など、女の子が本当に可愛く撮れています。また、監督が音楽活動をやっていることもあり、音楽が非常にいい!ということも特徴です。主題歌のSKE48「歌おうよ、僕たちの校歌」も、この映画にピッタリはまっていると思いました!私のようなSKE48ファンは、色々な意味で必見かと思います。 また、忘れちゃいけないのが、AKB48篠田麻里子。何作か映画には出てるけど 時代劇は初めてじゃないかと思います。着物姿もかなりイイです!個人的には、今後、 大河ドラマで彼女を見たいな、とも思いました。 また、女の子だけでなく、男の子もかなりいい役者さんが揃っています。 賀来賢人、鈴木勝吾、相馬圭祐、浜尾京介・・・って、かなり凄くないですか? と、一緒に見た女友達が言っていました。 確かに、男の私からも見ても、格好いいな、と思うシーンが多々あり、 そう言う意味で、彼らのファンの期待も裏切らないと思います。 内容は、公開前なので詳しくは書きませんが 何か高校時代の甘酸っぱい青春時代(古い表現ですいません・・)を思い出すような、 そんな感じで、30代の私が見ても悪くないです。 10・20代の方は、私以上にいいんじゃないかと思います。 チラシを見ても、友情や絆がテーマと思われますが、「どんな時代でも生き抜いていくことが大切」と思えるシーンも多々あり、震災後のイマの日本ともダブり、かなり共感できました。正直、2~3回、うるっときました。 くすっと笑えるシーンも何回もあります。 見終わった後、「すがすがしさ」と、「明日から頑張っていこう!」と思える、久々にいい映画です。大型の映画ではないし、シネコンでもやらないようだけど、こういう作品をもっともっと作っていって欲しいな、と思います。 暗い映画は嫌いなので・・・

  • y31********

    4.0

    信長さんが残念でした・・・(^-^)v

    タイムスリップ物としては 話もしっかりしていたし十分かな。 SKEじゃない二人の女子もかわいかった。 男子もイケメンばかりだし・・・。 戦国時代好きとしては、やはり信長のキャラは 考えるべき要素ではある。 今、テレビ朝日で放送している タイムスリップ物の信長のシェフの様にして欲しかったです。 しかし、ここ最近の電子機器の発展の早さは素晴らしく 以前見ていたタイムスリップ物とは明らかに違う。 また、数年でこれも古いと感じてしまうのだろう。 この話は携帯中心だけど今はスマホ全盛だし・・・。 ※続編がある終わり方なので次回楽しみです(^-^)v

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日