ここから本文です

グレッグのおきて (2011)

DIARY OF A WIMPY KID: RODRICK RULES

監督
デヴィッド・バワーズ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 55

3.75 / 評価:20件

続編としては理想的

  • うそつきカモメ さん
  • 2018年3月26日 16時31分
  • 閲覧数 236
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

子供が見ているのを横からのぞき込むのでも十分に楽しめる内容。これと言った見どころはありませんが、安心して見ていられる内容です。きっと、アメリカの中流階級の白人家族はこんな生活をおくっているのでしょう。

外出禁止が、子供にあんなショックを与えるなんて、きっとたまらない罰なんでしょうね。この映画では、銃も、暴力もセックスも、誰かが死ぬこともありませんが、ティーンエイジャーの日常にどんな悩みがあり、兄弟の仲がよさそうで悪いというあるあるを丁寧に描き出してあります。

オープニングのアニメーションは、まるで原作があるような表現になっていますが、聞いたことないので、それほどヒットしていない様子。どっちにしても、日本ではウケなさそうなマンガですね。

前作よりも、続編のほうがおもしろいという、不思議な映画ですが、前作は、グレッグが自分語りをして、学校でいかに人気者になるかを日記風に描いていたのでその語り口や、目立つために友達を裏切る性格なんかがマイナスポイントでしたが、今回は、お兄ちゃんとの確執がテーマなので、弱いグレッグにどうしたって共感が集まりますよね。その分、お話として面白かったんじゃないかと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ