ラモーナのおきて

RAMONA AND BEEZUS

104
ラモーナのおきて
3.4

/ 17

18%
35%
24%
12%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(4件)

かわいい19.0%楽しい19.0%泣ける14.3%笑える14.3%コミカル14.3%

  • きゃる

    3.0

    婚約おめでとう

    天才子役が持ち前のタレント性を発揮した作品。 この作品の主題である、ダイバーシティの大切さを 不安と喜びの表現を交えながら、主役を見事に演じています。 子役って、かわいいだけでも務まることがありますが、 将来が楽しみな役者の卵、って感じです。22歳で婚約!

  • エイジ35

    3.0

    邦題は『~のおきて』のパクリ?ですが、

    中々の良作だと思います。 原題は『ラモーネとビーザス』で、主人公の9歳の女の子と お姉さんの名前(あだ名)です。 先に児童文学を映画化した『グレッグのダメ日記』がありますが、 こちらも児童文学が原作の様です。 そのせいか、グレッグの第2弾『グレッグのおきて』同様、 某人気子役主演のTVドラマに便乗して邦題がつけられたみたいで、 二匹目のどじょう的扱いにされたのが非常に残念です。 とは言え、映画化に際しては元々グレッグに便乗しているっぽい 感じは受けてしまいます。 原作を知らないので何とも言えませんが、グレッグとの共通項は 多く、グレッグを観た事がある人はちょっとその辺りを意識しながら 観る事になるかも知れません。 特に最初のうち、ラモーネの世界に浸るまでは。 ただ、同じ子供を主役としていながら、グレッグは子供の世界の話、 ラモーネはどちらかと言うと家族の話になっています。 ですから、ジョーイ・キング演じるラモーナのかわいさに釣られているうちに 段々と物語に引き込まれていきます。 後半はそんなに大した出来事ではないのですが、何度か涙がジワッと きたのは、私の歳のせいだけではないでしょう(笑) とにかくラモーナのしぐさや行動を見ているだけでも楽しめます。 ある意味子供らしいとも言える、妄想壁のあるおんなの子が繰り広げる ほんわかとした雰囲気の物語。ときどきホロッとして最後にあったかい 気分になって観終わる事が出来る。 そんなお話を楽しみたい方へお薦めです。 あと、妄想の世界の再現はそんなに多くはないのですが、なかなか楽しいです。 それにお姉さんもカワイイですよ(^^)

  • ymp********

    5.0

    ほっこりした!

    すっごくおもしろかったー!!ラモーナかわいすぎるー(*´▽`*) 海外ドラマが好きな私は色んな海外ドラマに出てる人が出てきて、余計に楽しめました。 素直に笑えるし、泣ける場面もあります。見ていてあっという間です。 邦題のせいでもったいないと思います。 落ち込んだ時にも見たくなる映画で何度見ても元気が出ると思います。 セレーナゴメスもキュート!

  • bui********

    4.0

    アメリカ版ちびまる子ちゃん

    笑あり、涙あり、恋ありのほのぼの家族日記。 家族皆で壁を乗り越えて幸せを掴む。 家族っていいなと思わせてくれた映画だ。 主役の女の子ラモーナはいつもやらかしちゃう女の子。 家族に迷惑かけまくりなのに、とっても愛されているのだ。 とにかく人生を思いっきり楽しんでいるラモーナが羨ましい限り。 あのくらいの子供の心境を実に上手く表現したと思った。 ストーリーがなんだか「アメリカ版ちびまる子ちゃん」というような感じだと思っていたら、髪型までちびまる子ちゃんと一緒だからちょっと笑ってしまった。 ラモーナが学校で苦手とする単語の登場の仕方、言い回しが本当に上手いからそこも注目だ。 観終わったあとに心がほっこりして、明日も頑張ろうと思える。 並外れたラモーナ一家、今後もお幸せに!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラモーナのおきて

原題
RAMONA AND BEEZUS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-