2011年10月15日公開

たまたま

532011年10月15日公開
たまたま
3.4

/ 71

21%
24%
38%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • qaz********

    5.0

    ドキュメンタリーか?ドラマか?

    昨日、TUTAYA経堂店でレンタルし鑑賞しました。 初めはTVのドキュメンタリーレベルかと思い見ていたらアレレ?ドラマかな? と混乱してきました。 蒼井優は著作「今日、このごろ」を所有し、はっきりいって紅茶のCMのイメージが強い人でした。 しかし、ラストで気がつきました。そうか!これは我々の生き方に問うものだと!ぜひ、一度見ることをお勧めします!

  • spf********

    3.0

    ネタバレなるほど!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    4.0

    自分の帰し方を振り返された

     …あらすじは、解説のとおり。  評価の別れる作品だと思うが、「たまたま生まれて、たまたま活かされて、たまたま死んでいく」といった人生の摂理が、蒼井優のピュァな演技とアイルランドの風景とともに描かれていてなかなか好感が持てた。  ウィスキーを片手にほろよい加減で観ていたためか、自分の帰し方を振り返された。

  • ふく太郎

    3.0

    フュージョン 瞑想

    映像としては 面白いと思います! 無印良品を好きな方とか にもあうかかと 物語は求めていけません 蒼ちゃんしかいないでしょうこの映画あう役者は

  • hi_********

    5.0

    想いを伝える

    唯一無二の大人のファンタジー映画です。 生きてると誰もが一度は感じるような漠然とした不安や迷い。 自分は何の為に生きてるの? そんな答えのないような問いかけを探す旅。 説明がないままストーリーが進んでいくので、掴みどころが全くないのですが、それがまたこの映画の魅力。じわじわ引き込まれます。 頭でっかちに考えないで、 目の前にあるものにじっくりと丁寧に向きあうこと。 それだけでも、この世界はすごくキラキラしたもので溢れてる、そう思わせてくれます。 こんな気持ちを世界中みんなが持てたら、世界はもう少し良い方に変わるんじゃないかと思ってしまう程。 キラキラしたものだけをギュっと詰め込んだような、浮世離れした世界観も大好きです。 自分がお婆ちゃんになってこの映画をみたら、何を想うんだろう?

  • non********

    5.0

    悩んでる時に

    柔らかい気持ちになれる。 何にもとらわれていない自分に戻れた気がした。

  • jun********

    1.0

    疲れる

    絵画でいえば印象派の感じ こういうの映画にすると、なんかダラダラした心象風景の連続で疲れる 一枚の絵に凝縮してよ

  • aqu********

    5.0

    やわらかい世界観とメッセージ

    ちょっとへんてこな、電波系の映画かと思いきや、 大切なことを思い出させてくれる、気付かせてくれる作品です。 明確なストーリーはありませんが、蒼井優のしっかりとしたナレーションが 空想のような世界と現実世界をしっかりつないでくれていたので、 見ていて飽きないし、かといって説明的でもないので、いろいろと想像がふくらみます。 そして最後は、じんわりとあったかい気持ちが広がりました。 人生生きていたら誰だって、 自分を見失ったり、誰かを好きになったり そのせいで時に喜んだり悲しみに暮れたりすることがあるはずです。 それでも、たくさんの美しい景色や言葉に触れ、様々な人との出会いによって、 その悲しみが半分になったり喜びが倍層することだってあるはず。 ヘビオンナと呼ばれていた女の人のくだりは、自分も思うところがあり、 涙なしには見られませんでした。 たまたま、私たちは生まれてきて いろんな人に出会い 自分を発見し 誰かに恋をする。 想いを伝えるというのは、何も恋愛映画のようなドラマチックな告白だけではないはず。 たまたま出会った、私の大切な人たちへ、 少しだけでもいい、何の変哲もない言葉でもいい、ちょっとずつ、照れくさいけど、 きちんと想いを伝えようと思う。

  • yahoobin

    5.0

    お気に入りです。

    この映画はとってもお気に入りです。 何度だって見ます。 石を集めるシーンなんて、大好きです。 とても綺麗な映画です。 この中に自分が入っているように 想像しながら見ると、最後にはなんだかすっとします。

  • オレンジ

    4.0

    すごく良いシーンと邪魔なシーンがごっちゃ

    この映画はすごく良いシーンが多くあり、逆に「どうしてこんなシーンをいれたんだろう?」と疑問に感じるシーンも多くある。 物語が伝わりにくいのも相まって、全体的に消化不良になっていることは否めない。 それでも、アイルランドの町並みや音楽など、そこだけで繰り返し見たいシーンもあったので、☆4つ。

  • aka********

    2.0

    監督がどんな映画を作りたいと思ったか

    それは痛いほどわかるんですよね。この映画。 主人公は蒼井優ちゃん、撮影場所はアイルランド。 音楽は高木正勝にシガーロス。 もうさ、監督さんの好きなものがたくさん詰め込まれてる。 わかるよわかるよ、私も好きだもん。 でもね。 好きなものを詰め込んだだけじゃあ、相手には伝わらないんだな。 この映画は、相手に想いを伝えること、ということが主軸になってる。 にも関わらず。観てるこっちに全然伝わってこない。 いや、言葉では伝えようとしてるんだけど、 心には伝わってこない、と言うべきか。 なんていうんだろ、これを20年前に観たならば、 すごい映画だ!!って思ったかもしれないけど、 今更感ありありというか、どうしても二番煎じな感じが否めない。 映画なんて、それこそ二番煎じ当たり前なんだけど、でもその真似っこの中で偶然にも新しいものが生まれる作品もたくさんある。 でもこれは、残念ながら新しいものは見受けられなかった。言ってしまえば、シガーロスのPVの世界観そのままな感じ。 映像のその奥に見え隠れしている監督の想いとか、勢いとか、そういうのを感じれなくて、蒼井優ちゃんかわいーでしょー? 高木正勝の音楽素敵でしょー?シガーロスいいでしょー?みたいな。 例えばDJさんがマッシュアップしたりして新しい音楽にするのではなくて、ただ好きな音楽をかけ流してるだけな感じ。 厳しいこと言えば、これだけ素晴らしい設定にも関わらず、ここまでしか作れないのか、というがっかり感。 だって蒼井優ちゃん出てるのに、 彼女の魅力があんまり出せてない気がするし。 たんたんと語るシーンとか、 どうしてもビオフェルミンのCM思い出しちゃうし。 とまぁ、これだけ酷いこと言っておいてなんなんですが、この監督さんの次回作が出るならば観てみたい。 これを作った監督さんはもともとCMなどを手がける人で、今回初めての長編映画だったらしく。確かに、これ30秒くぎりで見たらめちゃいい雰囲気出せると思うんですよね。選ぶセンスはすごくいい。 だから、それをどう消化して、新しいものを作り出せるか。 次に期待!!

  • bar********

    4.0

    たまたま「たまたま」を見ました

    物凄く不思議なお話でした。 まるで不思議系女優である主演の蒼井優そのものを表現したかのような映画でしたね。 感覚的には、何かの美術展を見た感じに近いでしょうか・・・。 ドキュメンタリー風の映像を見ながら、自分の頭の中でストーリーを作りあげていく感じの作風でしたので。 そんな訳で、見る人を選ぶ映画だったのは間違いないところでしょう。 ただし蒼井優ファンならば、たとえ本作の世界観に入り込めなくとも、蒼井優のアート作品を見る感覚でまあなんとか楽しめる映画だったかなとは思いましたよ。 全編出ずっぱりの蒼井優を見ていたら、半端なく癒されましたしね。 ただ、2回見ないとなかなかこの映画の良さは理解できないので、私のようにサクッと見れそうな53分と言う短い尺に惹かれて鑑賞すると、確実に痛い目に合いますよ! 結局2回見たので、2時間映画を見たのと大して変わらなかったし(苦笑) さて内容の方ですが、まず物語は蒼井優が椅子に座って何かのインタビューを受けているシーンからスタートしました。 いきなり不思議ワールド全快です。 これは一体何なのか・・・とりあえずこの時点では知る良しもないので、とりあえずは蒼井優の女優と言う職業に対する思いを感じる・・・そのぐらいの感覚でよろしいのかと。 インタビューシーンの後は、更に不思議な世界へと誘われることに。 蒼井優がいきなり水(湖?)の中に落ちるのです・・・え?どう言う事?状態に陥ること間違いなし! その後は延々とアイルランドの田舎町を彷徨い様々な人と出会う濡れた蒼井優の姿を見守ることとなりましたが、まあ早いうちにあぁ~これは何かを擬人化しているんだなとは気付かされるのですが、一体「ソレ」が何を指しているのか、更にはこの作品は一体何を言わんとしている作品なのか、正直私は前半の時点では全く見当も付かずでしたね(苦笑) とにかく全編通して抽象的・・・ただ最後まで見ればなるほどそうだったのか!と思わされますので、たとえ睡魔に襲われてもなんとか終盤まで我慢してくださいまし! まあそれにしても、蒼井優の雰囲気とアイルランドの神秘的な景色は、完璧なまでにマッチしていましたね。 しかも主題歌はまさかのシガー・ロス書き下ろし。 一つの芸術作品としてならば、間違いなく高評価出来る内容だったと言えましょう。 ただしかなり好みは別れるでしょうね・・・正直私のような者が語れる映画ではなかった印象ですし、何かもっと深いテーマが隠されている映画だったような気がしてならないのです。 まあでもおぼろげではありますが、この映画から放たれたメッセージは、私の心にもジワリと響きましたよ! 人の出会いは本当に偶然で、まさしく「たまたま」が重なり合った結果なんだなって。 でも、せっかくたまたま出会った大切な人に、自分の思いを伝えなければ意味がない。 思うだけではダメ、伝えることが大事なんだと。 それを表現した終盤の10分は、本当に感動的でした。 この余韻があったからこそ、もう一回見てちゃんと作品を理解しようと思えましたもんね。 まあ私の好みの映画とはちょっと違いましたが、とてもいい映画だとは思いました! DVD特典の小松真弓監督と蒼井優の対談もかなり面白かったです。 ロケ地がアイルランドになった理由が特にツボでした!

  • ymo********

    5.0

    あなたは、ちゃんと伝えている?

    蒼井優さん主演によるアイルランドを舞台としたファンタジー作品です。 はっきりというと、とても、解りにくいです。 蒼井さんへのインタビューから始まる物語は、彼女が女優として生きる意味を問います。 ”あきないですね” ”途中でやめるなんて、出来ないですから” ”人の笑顔を見ると、幸せだなーと思うんです” ”人が驚いた顔って、結構面白いんです” 女優の仕事が面白いと思う反面に、常に頭にあることは、 ”想いは、相手に正しく伝わったのか?” ”相手に、気持ちを伝えるのは、本当に難しい” と想いを伝える困難さです。 そこから続く物語は、蒼井さんがアイルランドを彷徨う旅を描きます。 ”私は、迷子になったのです” 迷子になった蒼井さんは、家々を訪ね歩きます。 しかしながら、観ている方といたしましては、物語の流れが、抽象的すぎて何が何だか分かりません。 美しいアイルランドの風景と愛らしい蒼井さんの取り合わせは、あたかも、グラビアアイドルのイメージビデオのごくと、美しくはあるのですが、とても単調なものです。 ”どうしよう、少年に捕まった” 彼女は一人の少年に出会います。その少年から教わるのが、 ”良く、観ていると色んなものが、見えてくる” そして、それは、 ”自分で見つけるしかない” と言うことです。 ”私って、何だっけ?” ちり紙・メモ帳・切手・・・。 彼女に対する人々の反応をみるに、彼女が一体何者かが益々分からなくなります。 たまたま、偶然の積み重ねの中で作られてきた今。 ”たまたま、人間が生まれ” ”たまたま、父さんと母さんが出会い” ”たまたまじゃなく、恋に落ち” ”たまたま、私が生まれました” ”そして、たまたま、君に出会い” ”たまたま、恋が始まったりして” ”そわそわもするし、ワクワクもする” ”たまたま、君がいる” ラストで明かされる物語の意味。 ”想いは、きちんと相手がいるうちに伝えないとね” すなわち、彼女は、希望や想いを相手に伝える手紙の具象化した存在だったということに。 ”あなたは、ちゃんと伝えている?” 想いを伝えることの大切さを幻想的な映像と物語で紡ぐこの作品は、鑑賞した後になってじわじわと心に響いてきます。 二回三回と観ることで、より、味わいの出る作品です。

  • cek********

    3.0

    美しい景色と不思議な物語

    40分くらいまで、イマイチ理解出来てないなー私。 と思ってました。 髪の長い女性に出会うまで。 そこで確信したら、なんだかすごく良い作品に感じました。 ラストも良かったです。 でも、映画館で1800円出して観ようとは思わないかも。 と思ったら、料金1000円だったようですね。

  • k_9********

    4.0

    私は良かったよ

    タイトルどおり、私は良かったです。ただ、そこに辿り着くまでにいろいろな気持ちをもちました。最初…わけわからんなー。でも映像はピカイチだなって。1つ1つのカットが写真の寄せ集めのようで、映画という写真集をみているようでした。 途中、その感覚が美術館でみている、ビデオインスタレーションのように感じました。何となく、非日常を感じました。 後半…じわじわとこの映画の良さをわかり始めました。蒼井優が、人を演じてないのが良かったです。 「私は何だっけ?」という問いから、最後の方で、そういう事かってなりました。 わざと現実味を出さないように、表現、描写が工夫されていますね。それが、大人の童話といわれる所以なのではないでしょうか。でも、「大人の」なんで、ちゃんと現実にリンクするんですよね。 たまたまっていう表現、響きは、淋しいようで、何か可能性を感じる。 自分の存在って本当にたまたま出来たもの。 たまたまって不思議ですよね。偶然は必然という言葉がありますが、その表現より、たまたまっていう表現が私は好きです。 たまたまの出逢いを大切ににしたいですね。 そして、きちんとつたえたいですね。

  • aru********

    4.0

    素敵な童話に出会った感じ

    蒼井優がインタビューに答えるシーンから始まります。 そしてかわいい家がポツポツと建つ外国の田舎町を、迷子の蒼井優が歩いて回ります。 現地の人たちの彼女に対する扱いは、人に対するそれではないようで・・ アイルランドを舞台に、蒼井優を主演にしたファンタジー作品です。 凄く抽象的で、パッと見は何を表現しているのか分かりにくいですが、最後まで見るとようやく、といった感じです。 情緒あるきれいな景色の中を漂う蒼井優、見ていて心地いいです。 前半を助長に感じるかもしれませんし、不思議なところも多いので、広くはオススメしにくいですが、穏やかな蒼井優を好きな方にはいいと思います。 森山開次も不思議な役ですが、いい味出してます。 エンドロールのダンスも。 教育テレビで内臓の踊りをしているところしか見たことがなかったので、ビックリでしたけどね。 音楽もいいですね。 高木正勝のやわらかな劇中の曲も、エンドロールのシガー・ロスも。 映像や作品の雰囲気に良く合っています。 蒼井優展『うそっ。』のトークイベントで上映された映像作品(エピローグ)の完成版かと思いましたが、ちょっと別のものになっています。 トークイベントには運よく参加することができましたが、そこで見たものが少し形は変えたものの、こんなにいい作品に出来上がったのが嬉しかったです。 DVD特典映像の小松監督と蒼井優の対談もナチュラルな感じでいいです。 本作が生まれたエピソードにも関心しちゃいます。 偶然(たまたま)の積み重ねが今で、色んなめぐり合わせに感謝したくなりました。 そしてそれを心の中で思うだけでなく、伝えることも大事だなーと思いました。 しみじみとそんな余韻を残してくれました。

  • tsu********

    3.0

    大人のためのチョット不思議な童話

    大人の童話。といっていのだろう。不思議な映画。いきなりのナソナゾ風。蒼井優の演技は、なにかを擬人化しているのだとは、直ぐに分かる。問題は、それが何かだ?。 多分ピンとくる人は、すぐ判るはず。小生のように頭が固いと、なかなか思いつかない。ストーリーの流れもあるので、謎解きそのものは、途中で断念。なるほどと気が付いたのは、幕が下りる寸前。答えを見てからという体たらく。 この映画に対する印象は、そのなぞなぞをいつ解けた時点による気もする。早ければ早いほど白けるパターンもありそう。でも、それはそれで、そこから別の見方もありそうだ。 異国の中にひとり舞う蒼井優。舞台は、日本ではない。そして、空中の気を吸い取る飴。なんか変。奇妙な演出。戸惑いもあったが、こんな不思議な感覚はそうそう味わえるものではない。 上映時間も短く、ちょっとした短編小説。 世俗を忘れたい。そんな束の間の時に浸りたいときに。 夢想の世界へどうぞ。 2012年1月3日 シネフク大黒座にて

  • びすけっと

    4.0

    蒼井優ワールド満開

    紹介通り、ファンタジー作品。蒼井優のほにゃらら、ゆるゆる、ほんわりワールドが出てます。蒼井優ファンにはたまらない。きっと。物語性を求めてはいけませんよ~

  • wap********

    5.0

    小松真弓監督、要チェック!! 面白い!!

    名古屋の初回上映、舞台挨拶×2回観させていただきました。 蒼井優ファンとして生の優ちゃんに感動しました。 しかしここでは、レビューということで、 小松真弓、監督・脚本・原作、初作品ながら、2回目を観終わって感動です。 蒼井優への女優?インタビューから始まり、さまざまなシーンの回想のような展開に引き込まれていきます。  池に落ち、にじむ○○○  アイルランドの見事な景色・家並み・人々。  少年とのシーン  コンテンポラリーダンサーの森山開次さん飴男とのシーン  切手収集の集いのシーン  ヘビ女とのシーン  思いが届いたところのシーン(あれは○○○が髪を切った???) 最後にすべてが繋がり、深くうなづけました。 ネタバレぎりぎりですかね。興味深く観てみてください。 面白いですよ。  手紙・・・・思いを届けるもの・・・たまたまをつなげる  題字は、、、、に書いたメッセージ(蒼井優ちゃんの字だそうです) おススメです。 あと、この小松真弓監督。脚本がいいし、今後要チェックだと思います。  原作の無い、原案から面白いものをどんどん作って欲しいですね。 シガーロスの歌声が、完璧にマッチしています。音楽、高木正勝さんに、納得です。 最後に、たまたま  昨日は23回目の結婚記念日でした。花を買ってプレゼントしました。  思いは伝えないとね。)^o^(  ☆ この映画のおかげで行動できました。

  • ken********

    4.0

    アイルランドの風景はいい

    アイルランドの田舎の風景は、よかったです。 でも、何もないから、ここにに住みたくはないけど。 蒼井優さん大好きなんですけど、このファンタジー的な役をやるには年を取りすぎてるような気がしました。 ちょっと退屈なところもありましたが、時間が短いのでちょうどよいかな。 まあまあでした

1 ページ/2 ページ中