レビュー一覧に戻る
たまたま
2011年10月15日公開

たまたま

532011年10月15日公開

aru********

4.0

素敵な童話に出会った感じ

蒼井優がインタビューに答えるシーンから始まります。 そしてかわいい家がポツポツと建つ外国の田舎町を、迷子の蒼井優が歩いて回ります。 現地の人たちの彼女に対する扱いは、人に対するそれではないようで・・ アイルランドを舞台に、蒼井優を主演にしたファンタジー作品です。 凄く抽象的で、パッと見は何を表現しているのか分かりにくいですが、最後まで見るとようやく、といった感じです。 情緒あるきれいな景色の中を漂う蒼井優、見ていて心地いいです。 前半を助長に感じるかもしれませんし、不思議なところも多いので、広くはオススメしにくいですが、穏やかな蒼井優を好きな方にはいいと思います。 森山開次も不思議な役ですが、いい味出してます。 エンドロールのダンスも。 教育テレビで内臓の踊りをしているところしか見たことがなかったので、ビックリでしたけどね。 音楽もいいですね。 高木正勝のやわらかな劇中の曲も、エンドロールのシガー・ロスも。 映像や作品の雰囲気に良く合っています。 蒼井優展『うそっ。』のトークイベントで上映された映像作品(エピローグ)の完成版かと思いましたが、ちょっと別のものになっています。 トークイベントには運よく参加することができましたが、そこで見たものが少し形は変えたものの、こんなにいい作品に出来上がったのが嬉しかったです。 DVD特典映像の小松監督と蒼井優の対談もナチュラルな感じでいいです。 本作が生まれたエピソードにも関心しちゃいます。 偶然(たまたま)の積み重ねが今で、色んなめぐり合わせに感謝したくなりました。 そしてそれを心の中で思うだけでなく、伝えることも大事だなーと思いました。 しみじみとそんな余韻を残してくれました。

閲覧数523