レビュー一覧に戻る
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
2012年3月10日公開

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS

1292012年3月10日公開

izq********

3.0

ネタバレ謎解き要素なくスパイアクションっぽい作品

悪者は初めから明白で謎解き要素はほとんどなく、スパイアクションもののような作品。テンポ良く、場面切り替えについていくのが少々大変だった。面白いかどうかは微妙なとこ。ホームズとモリアーティ教授の対決構図が明白で謎解き感はなく、ホームズは教授の尻尾をつかもうとし、教授はホームズらの命を狙うが、なんか簡単に二人が顔合わせしたり都合良い設定もあったりして緊迫感が感じられん。アクションエンタメとして楽しめる作品かな。 アクションシーンでホームズが事前に頭の中でシミュレーションして闘うシーンは前作同様の手法。今回はホームズの変装シーンがさらに増えて変幻自在に。 前作で女泥棒アイリーンを使って遠隔操作装置を盗んだモリアーティ教授が本作黒幕だったが、前作を観てなくても十分楽しめる内容。 ストラスブールでの爆破事件から始まる。続けて女泥棒アイリーンが爆弾の運び屋をやらされ、ホームズが防ぐが、狙われた医師は暗殺される。首謀者はモリアーティ教授。 アイリーンから取り上げた手紙を手掛かりに、ホームズはワトソンを連れて占い師マダム・シムザを訪ねる。そこでシムザは殺し屋に狙われ、ホームズが救出。殺し屋がわざわざ天井に潜んでて、そこにたまたまホームズが現れる設定は少し都合良過ぎ。 翌日はワトソンの結婚式。そこに教授の使いが来てホームズは大学でモリアーティ教授と対面。ワトソンを巻き込まぬよう釘をさしに行くが、教授にはアイリーンの死と警告を受ける。ワトソンとメアリーの夫妻は新婚旅行に向け列車で旅立つが、列車で殺し屋の襲撃を受ける。ホームズが救出に現れ、メアリーを川に落とし、襲撃者らを倒す。メアリーは川で待ち構えていたホームズの兄マイクロフトが救出。ホームズとワトソンは、教授が占い師シムザを狙ったのはシムザの兄が鍵と踏んで、シムザを探しにパリ郊外のジプシーの集落に向かう。そこでシムザと再会。緑のウサギというアナキストのリーダー クロード・ラヴァシュとシムザの兄が仲間だった話しを聞く。 3人はラヴァシュを訪ねる。しかし彼は爆弾を仕掛けたことを告白していきなり拳銃自殺。ここもたまたまホームズらが訪問したときに起きた設定で都合良過ぎ。3人はラヴァシュのアジトを脱出。爆弾を探しにオペラ会場に向かうが、ホームズのよみは外れ、通商会議が行われていた凱旋門ホテルが爆破される。狙われたのは銃器製造会社のマインハルト。 ホームズ、ワトソンは、教授がドイツのマインハルトの工場に向かったとみて、国境を超え工場に潜入。そこで教授にホームズは捕まってしまう。教授は兵器を握り、ドイツとフランスに戦争をさせて儲ける策略だった。ワトソンが大砲で塔を爆破し、瓦礫からホームズを救出。二人はシムザのジプシー仲間の助けを受けて脱出を果たす。 次はスイスの和平会議が狙われるとみて、ホームズらは和平会議に潜入する。パーティ会場で、ワトソンとシムザは顔を変えられたシムザの兄レネイを発見し要人暗殺を防ぐ。暗殺に失敗したレネイは教授の右腕に毒殺される。ホームズはモリアーティ教授とチェス勝負。工場でホームズは教授の手帳をすり替え、それを元にロンドン警察が教授の不正な資産を差押えしていることを話す。ブチ切れ教授とホームズわ争いとなるが、拳闘経験の教授に勝てないとみたホームズは、教授を道連れに滝壺に落下。二人の死体は見つからず、ホームズの葬儀が執り行われる。 最後は実は生きていたホームズがワトソンの部屋に忍び込んでいたずらして終幕。

閲覧数524