ここから本文です

僕等がいた 後篇 (2011)

監督
三木孝浩
  • みたいムービー 90
  • みたログ 1,186

2.71 / 評価:834件

湧いた

前編から見た、それは高校生には見えない人々の純愛風物語だった。

後編に入ると、不幸が襲い掛かる暗い話が続く、これでもかってくらい順番と時間繰りを整えて。ストーカーとか、、、

で、ありえない人の良い友人が再び登場。ここで結ばれて終わりでもおかしくないのだが、残酷にも拒絶。それを都合よく埋め合わせる様に友人と結ばせるあざといさ。パニック障害とか植物状態とか小話ギミックも盛り込む。
この辺り、時間の進みとイベントの進みが調和しない。

最後の方、前編のフラッシュバックを見せられるが、夢物語風に場面を続ける、そこに愛は見えない。

で、強引にハッピーエンドに結び付ける、片方がパン職人になって都合よく分かれてしまう。一応アルバイトを伏線にしてるが弱すぎ。それも無いと最後の出会いにならないけど、ここも微妙な偶然を重ねる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ