レビュー一覧に戻る
宇宙兄弟
2012年5月5日公開

宇宙兄弟

1292012年5月5日公開

pin********

1.0

ネタバレないわー。

以前の『岳』の時もそうだったけど、ファンである小栗旬の主演が決まってから原作漫画を読み始めた。 旬くんも面白いって言ってたし。 これがほんとに面白い漫画でねー。 …っていうのがあるんで、『岳』みたいに原作無視ストーリーやり出して一挙に冷めてしまう不安があった。 そしてやっぱりそうだった…。 小栗旬と岡田将生はそれぞれハマってて良かった。 ロケット打ち上げシーンも迫力満点で、それなりに結構鳥肌もんだった。 実写のアポもかわいかった♪ しかし…。 大事なキャラやエピソードが相当削られてて、かなりいただけない。 シャロンおばちゃんや吾妻さんが出てこない。 ムッタやヒビトの宇宙への想いや人格形成や人生の道筋に大きな影響を与えてる人たちなのに。 あと、ムッタの試験場面では、バスのくだりはないし、グリーンカードの使い方も間違ってるし。 ムッタがカードの意味合いに気づいて最後にカードをもらうからこそ、メンバーとの絆やムッタの成長っていうオチに結びつくのに。 ヒビトの月面事故も、酸素不足ではなく体温調整機能の故障。 しかもムッタの試験中にこの事故が起きて、それを知ったムッタは試験後に泣きながら猛ダッシュして挙句の果てに空に向かって「死ぬなーーーー!!」とか絶叫する。 そして、ヒビトの生還のくだり、ブライアンのエピソードは、絶対泣けるポイントなのにがっつりカットされて無い。 どうやってマイナス60度の世界から助かったのか(気迫だけでは無理だろう)、詳細は一切説明なく、マスコミに『奇跡の生還!』って報道されてて、何故か元気に宇宙飛行士に復帰していて…って、都合良過ぎる。 極めつけは、舞台は一気に5年後に移り、宇宙服を着たムッタが「待たせたな」と言ってヒビトと並んで歩き出す。 無いしーーーーーーーーー!!!! きっと原作読んだことのない人には、シンプルに楽しめるんだと思うけど…。 まだ完結していない原作の映像化の難しさを如実に表してる代表だろうね。 2時間そこそこに収めないといけないのはわかるし、ある程度削らないといけないエピソードが出てくるのもわかる。 その取捨選択が難しいっていうのもよーくわかる。 けど、どう考えても時間足りなさ過ぎ。 思い切って前後編とかにして、もっと丁寧に描いて欲しかった。 完結してる20世紀少年でも3部作にしてるってのに。 原作好きの旬くんとしては、この脚本はどうだったんだろう…。

閲覧数3,014