ここから本文です

テルマエ・ロマエ (2012)

監督
武内英樹
  • みたいムービー 422
  • みたログ 5,771

3.57 / 評価:2,793件

余韻まで湯ったりおフロ気分♪

  • yutake☆イヴ さん
  • 2012年4月27日 0時01分
  • 閲覧数 2162
  • 役立ち度 167
    • 総合評価
    • ★★★★★

“古代ローマ人”の阿部寛さんが、銭湯の湯船から
ザバーンと現れ、呆気にとられるおじいさんたち……(汗)

阿部寛さんが“ローマ人”という設定が、すでに
リラックスムードと言う“ぬるさ”=適温を、醸し出してくれています。(*^_^*)

そんな、ほのぼのしたB級感漂う予告編につられて、マンガも見ましたが
実写版も、古代ローマ人・阿部ルシウスの“彫りの深さ”(凹凸)と
鍛え上げたという、彫刻のような“肉体美☆”が生かされて、良かったです☆

古代ローマと現代日本の“お風呂まわり”が、(バスルームはトイレ含む)
なぜか、ルシウスにはつながっていて、オペラ♪付きで、ワープします。

なんと言っても、メインは、日本のお風呂です!☆
銭湯よし、内風呂よし、温泉よし……
ジャグジーよし、露天風呂よし……

普段、何でもないことを、阿部ルシウスが、「オオッ!コレは!」と、
いちいち講釈つきで、感激するのを見ているのが楽しい☆
・便利ですよね~長いナイロンタオル
・気が利いてますよね~冷たいフルーツ牛乳

おじいさんたちが、ワイワイと、のんびりと、大風呂につかっているのも、いい風情です。
特に、「いか八郎」さん☆←お気に入りです。
いいアンバイに、気持ちよく、ゆだってそうなおじいさんです。(見ればわかるかと)
なごむナー(笑)

そんな、お風呂・温泉だけでも、湯ったりゆめ気分でいいのですが
後半は、古代ローマの歴史云々が、からんできます。

その古代ローマが、立派です(笑)。
それだけ見ると、超大作歴史ロマンか!?と思いそうなほど。(でも、バス□マンです(*^_^*))……□は四角です
ルシウスが、お風呂がらみで、歴史をどうこうしようとしますが
それは、正直、どうでもよくて^^;
ついでにワープしてしまった、温泉旅館のおじさんたちの「他人のためにした行動」が、気持ちをホッコリさせてくれて
平たい顔族の美女・上戸彩さんとルシウスが、しみじみさせてくれるのですが……

ちょっと 残念だったのは……(内容にふれます)
▼▼▼

負傷したローマ人のために作ったのが、オンドルだったこと。
お湯を引かない手軽さは現実的ですが、(←今更、現実にこだわってどうする?(>_<))
ここは、やはり、たっぷりお湯をたたえた、大露天風呂を見せてほしかったです…

▼▼▼

そして、すべての道も風呂もローマに通ず、と言う感じで終わりますが、
余韻は、やはり、おフロ気分です。

銭湯の大浴場でも、温泉の露天風呂でも、
ゆっくり湯につかって、ふう~っと、ひと息つきたくなります。
日頃、シャワーのみの方も、たまには、湯船につかって、ゆだってみてはいかがでしょう♪

………古代ローマに行っちゃったりして(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • コミカル
  • ゴージャス
  • スペクタクル
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 楽しい
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ