ここから本文です

哀しき獣 (2010)

THE YELLOW SEA/黄海

監督
ナ・ホンジン
  • みたいムービー 140
  • みたログ 717

3.82 / 評価:392件

男と男の間には深くて暗い海がある

  • ポルティ さん
  • 2018年10月27日 14時00分
  • 閲覧数 768
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「チェイサー」が強烈なインパクトを残したナ・ホンジン監督の2作目。中国に住む朝鮮族が主人公という設定が斬新で、前作とは違うテイストを期待したものの、この監督らしくやはり全編が血生臭いバイオレンスで埋め尽くされた内容だった。
バイオレンスシーンで使用される凶器が銃でなく、ナイフなどの刃物というところがこの監督なりの美学なのだろうが、よくぞここまでグサグサと殺るものだ。今の日本ではこんなの、絶対撮れないだろう。
ただ、脚本の練り込みが甘いのか話がわかりにくいうえ、140分はいかにも長い。やりたいことはわかるが、それほどの長尺にするほど深い話でもない。
なによりストーリー上で、少数民族というせっかくの興味深い素材がほとんど生かされていないのが残念。マイノリティならではの悲哀や苦悩といった心理的部分にも踏み込んで語ってくれれば、もっと深みのある作品になったと思うが、どうやら監督はそこにあまり興味はなかったようだ。そういう意味では原題の「黄海」は本作のテーマを色濃く突いているだけに、タイトルはそのままの方が良かったのではと思う。
それにしても、本作で主役を演じたハ・ジョンウとか「息もできない」のヤン・イクチュンとか韓国芸能界にはこういう「やさぐれ系」の役が良く似合う翳のある俳優が多い。テレビ育ちのチャラい日本の芸能人では、誰もこんな凄みのある役をこなせる俳優なんて想像できないし、製作レベルはもちろん、俳優レベルにおいてももはや日本映画界が韓国に全く太刀打ちできないことは明白だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ