ここから本文です

瞳は静かに (2009)

ANDRES NO QUIERE DORMIR LA SIESTA

監督
ダニエル・ブスタマンテ
  • みたいムービー 22
  • みたログ 53

3.70 / 評価:20件

南半球のクリスマスは夏

  • fg9***** さん
  • 2017年2月14日 15時59分
  • 閲覧数 228
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 1970年代のアルゼンチンが舞台で、当時軍事政権の支配下にあったこの国では、反体制派とみなされた人々は軍によって強制拉致されていたらしい(映画の中ではリンチの場面もあった)。
 そんな日常生活を少年の視点から捉えている。
 おばあちゃんは少年に対して十分優しいし、多少短気で粗暴な父親も可愛がるときには十分普通の父親なのだが、反体制派と思われたくない彼らの言動は、少年の目からは甚だ臆病で不甲斐なく嘘っぱちに見えてしまったに違いない。
 さて評価だが、非常に難しい……。
 結末はかなり衝撃的ではあったが、全体のストーリーが、観る側が一所懸命理解しようと努めないと、なかなかスンナリと頭と心に溶け込んで来ない作品のように感じた(自分の理解不足だろうが……)。
 なお、クリスマスのシーンがあるが、南半球なので夏だったことが一番印象に残った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ