ここから本文です

ブラッディ・パーティ (2010)

WIR SIND DIE NACHT/WE ARE THE NIGHT

監督
デニス・ガンゼル
  • みたいムービー 17
  • みたログ 38

3.14 / 評価:14件

女性向けヴァンパイアドラマ??

  • э¢υι さん
  • 2012年1月29日 19時59分
  • 閲覧数 586
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

THE WAVEのデニス・ガンゼル監督ってことで、
心理的な恐怖寄りの作品になるかと思ってたら、結構ホラー要素は少なめです。

なんつーんでしょうね、ジャンル。
スリラーって言ったらスリラーなんでしょうけど、
ドラマ性に重点を置いた感じ。

主人公はあんま恵まれない環境に生きる女性で、
女ヴァンパイアの3人組に気に入られ、ヴァンパイアにされてしまう。

主人公自体はそれを望んでいなかったけれど、
今までにない華やかな生活に充実感を覚えて行く。

ただまぁその後は色々あるんだけど。

ヴァンパイアって題材だけれど、
なんか、不遇の人に転機訪れて、悪魔の囁きっつーか、
タブーに手出して、直後はいいけど、つけが後に回ってきて。

そう考えると、単純なヴァンパイア映画とはちょっと違う側面がメインになっている気がする。

ただまぁ、ヴァンパイアの憂い的な部分、永遠の命の弊害ってのも描かれていて、
また、女性らしい、愛情と永遠のいのちって部分もテーマにあり。

ハッキリ描かれてないけれど、女ヴァンパイアのボスみたいな人、
その人の気持ちがね、最後にチロッと見れたのは良かった。

よく言いすぎれば、女版インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアやけど、
なんやろね、物足りなさってのはある。

シンプルに分かりやすくズドーンて来るテーマがないというか、
自己投影しながら共感しながら楽しむ映画って部分はあるんやろうと思う。

私的には、女優さんのヴァンパイア、あの人の物語の方が分かりやすかった。
このへんは多分男目線の見方なんだろうと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ