ここから本文です

ブラッディ・パーティ (2010)

WIR SIND DIE NACHT/WE ARE THE NIGHT

監督
デニス・ガンゼル
  • みたいムービー 17
  • みたログ 38

3.14 / 評価:14件

女性バンパイアは本当に素敵でした

  • n_n***** さん
  • 2013年11月20日 0時38分
  • 閲覧数 756
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

コンパクトにまとまったドラキュラ映画でした。
冒頭なかなかショッキングな映像となんだか優雅な美女吸血鬼のギャップにすぐに引き込まれます。
そのあと出てくる主人公の貧相なこと…。
なかなかパワフルな女性で、逃走劇は見ものでした。
そんな主人公が吸血鬼になりどんどん綺麗になって行くのですが、そのギャップはまんまとよかったです。
吸血鬼4人組で遊び回るシーンは残忍な部分は少なめになり、とても華やかで素敵に思えるほど。
4人ともそれぞれタイプの違う美しさで表情や仕草もとても印象的で見ごたえがありました。(何度かリピートしました)
でもやっぱりそんな生活は続きませんでしたね。
警察に追われるシーンちょっと車の位置関係が分かりにくかったです。
1つ前の方のレビューでお母さんに会いに行ったとありましたが、
娘に会いに行ったのだと思いますよ。(教えてあげたい!)
自分より年老いて死んで行った娘を見て、もう生きるのを止めたのだと…。
ラストのラストはブラックな仕上がりになっているんだと思います。
私は二人はどこかで生きているんだと…。
観た人の受け取り方に任せる感じでよかったと思いました。
でも、吸血鬼になって鏡やカメラに映らないのですが、なぜ洋服まで映らなくなるのでしょう…。
影もできなくなるシーンがあるのですが、顔の輪郭の影とか目元の影はしっかりできるのはなぜなのでしょう…。
細かいことが気になるのが私の悪い癖。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ