ここから本文です

キツツキと雨 (2011)

監督
沖田修一
  • みたいムービー 540
  • みたログ 2,025

4.00 / 評価:1,209件

ふつうに面白かった

  • nef***** さん
  • 2019年8月6日 7時17分
  • 閲覧数 93
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クス、フフの連続でギャハは一度もない映画。
映画館にわざわざ観に行きたいか?と問われるならばNO。

南極料理人は素晴らしく良かった。
だからあの空気感はよく分かるのだが…

役所広司、小栗旬、演出のそれぞれが微妙に歯車が狂っていたように感じた。

役所広司は上手い。
この人誰?と年老いた母が分からなかったくらい役に入っていた。息子との日常のシーンもめちゃくちゃ上手い。

でもコメディはどうなのだろう??
三谷幸喜との相性はよかったが…
世代の問題か?
今回の沖田監督もそうだが、いだてんの宮藤官九郎との相性も抜群とは言い難い。

この監督の笑いの表現は、気持ちデフォルメして成り立つ脚本に思える。
芝居が上手すぎて、全てが自然になり過ぎたせいで笑いが間のびした感がある。

小栗旬に関しては、申し訳ないが小栗旬以外の何者でもなかった。
スターのオーラを生かした映画が相応しく、この監督との相性は悪い気がする。

高良健吾はさすが、としか言いようがない。
もっといろんな役で彼が見たい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ