レビュー一覧に戻る
トゥルース 闇の告発

トゥルース 闇の告発

THE WHISTLEBLOWER

111

いやよセブン

3.0

国連だって同じ

アメリカから国連の仕事でボスニアヘルツェゴビナに派遣された女性警官(レイチェル・ワイズ)が、女性の人身売買事件に遭遇する。 捜査していく中で、国連職員も関与していることが明らかになり、現地政府と協力するが、国連もアメリカも取り合おうとせず、証拠隠滅を図る。 身の危険を感じた女性警官は資料を持ち出し、イギリスのBBCに駆け込む。 実話だが、国連といえども官僚が支配、各国の思惑もあって正義の執行なんて到底無理だと思う。

閲覧数1,119