ここから本文です

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (2011)

EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE

監督
スティーヴン・ダルドリー
  • みたいムービー 815
  • みたログ 4,594

3.77 / 評価:2,438件

なんなんだこの感情は。

  • san***** さん
  • 2019年5月7日 4時07分
  • 閲覧数 1181
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

気になっていたのでレンタル。
まさか9.11が題材だとは思わなかった。

完全にタイトルとジャケ借りでした。

なんと美しい映画でしょう。
静かで、ソリッドで感情をグリグリと掻き回される映画。

9.11で父を亡くしたアスペルガーの少年オスカーの時に美しく、時に煩くウザく、可愛げもないが見守りたい不思議な感情に追いやられた。

とんでもない演技力と目力。
画面越しに居た堪れない気持ちになり、彼の凄まじい感情がザクザクと刺さってくる。

ストーリーは父の残した鍵が何の鍵で何がそこにはあるのかと言う一見単純な物語ではあるが、オスカーの成長と克服。周りの人間の温かみや悲しみ。そして母の愛。
一気に流し込んだかのような何か強いメッセージを感じる。

見た後に何ともいえない感情になってしまい未だに引きずっていてこの瞬間もオスカーの悲しげで強い信念の表情が頭に浮かぶ。


言葉に表せることが難しく悔しい。
辛くやるせないが希望を感じるそんな映画。

オススメかどうかと言われると微妙。。
好き嫌いがパックリ綺麗に分かれるじゃんるかも。
もちろんヒューマンドラマ系が好きな方はすんなり観れるだろうが、静かで重い空気なので、観るならその日の終わり、夜寝る前が良さそう。
でないとこの余韻から覚めるのはもったいない。

いや、何ともいえないが、悲しく重い話ですが美しい作品でした。
ただストーリーがほんの少し、、ほんの少しだけ弱かった気もする。

いや、、これでいいのかなぁ、、、
あ、あとオスカー役の少年。


ものすごくイケメンで、ありえないほど足が長い


いや本当美しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ