ここから本文です

モンスターズクラブ (2011)

監督
豊田利晃
  • みたいムービー 61
  • みたログ 246

2.57 / 評価:101件

解説

『空中庭園』『蘇りの血』などの豊田利晃監督が、アメリカに実在した爆弾魔ユナボマーこと、セオドア・ジョン・カジンスキーと彼が起こした事件から着想を得て放つ異色のドラマ。『青い春』『ナイン・ソウルズ』『空中庭園』に続き、本作で豊田監督と4度目のタッグを組む瑛太が主人公の爆弾魔を熱演。また、その兄にふんする『ピンポン』の窪塚洋介、ドキュメント『ピュ~ぴる』で注目を集めたアーティストのピュ~ぴるをはじめ、豪華でバラエティー豊かな顔触れが脇を固めている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

雪が降り積もった原野に囲まれた山奥。そんな社会と完全に隔絶された場所に一人で暮らし、黙々と爆弾を作ってはさまざまな場所に送りつけている垣内良一(瑛太)。日本の社会システムを粉砕しようともくろむ彼は、そのために作ってきた爆弾の最後の一個を総理大臣に送りつけようと決意する。だが、その夜に自殺したはずの兄(窪塚洋介)が彼の前に現れる。困惑する良一だが、思いもよらぬ兄の出現によって、自身の運命に大きくかかわる家族の意外な秘密を知ることになる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ