ここから本文です

ステキな隠し撮り 完全無欠のコンシェルジュ (2011)

  • みたいムービー 18
  • みたログ 273

3.16 / 評価:161件

竹内結子ファンの永久保存版

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2020年10月3日 17時29分
  • 閲覧数 134
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ステキな金縛り」の映画公開記念にフジテレビが放送したスペシャルドラマです。
 深津絵里さんがメインで、「金縛り」の主要出演者がひとりずつ登場して深津絵里さんとのペアでコメディを演じる、そのオムニバスという風情の作品です。

 深津絵里さんはホテルのコンシェルジュで、スイートルームに宿泊しているVIP客ひとりずつのところに次々に呼ばれる。そのスイートルーム内で、客とコンシェルジュとの間で繰り広げられるドタバタの様子を、部屋の13箇所に仕掛けられた隠しカメラが全部撮影していた。
 という設定です。
 ルーム内には2人のほかに撮影スタッフなどはおらず、したがって当然カットとか演技の指示とか撮り直しとかもいっさいなく、深津絵里さんの入室から退室まで一続きで一気に撮られているわけで、一応の脚本はもちろんあるとはいえ、俳優さん自身の機転やアドリブがすべてを決めていることになります。

 他のレビュアーさんが口をそろえて褒めている竹内結子さんとの掛け合いは、全編のピークですね。
 この2人のコメディエンヌとしての技量が存分に発揮された、とても楽しい一品です。
 竹内結子さん、マジですべってコケそうになってますが、即座にそれを演技に取り込んでしまうアドリブの巧みさは見ものです。

 裏返して言えば、他の皆さんのパートはそんなに面白くなかった、ということでもありますけど。

 唯一、「金縛り」の出演者でない人が登場するのですが、それが三谷幸喜本人です。
 「金縛り」の完成披露試写会に出席した監督の三谷が、ホテルの自室にコンシェルジュを呼んで自分の作品の感想を言わせるのだが、少しでも厳しいことを言われると三谷が死ぬほど落ち込んでしまうので機嫌を取るのに苦労する、という話です。
 もちろんフィクションなわけですけど、三谷氏のいかにも神経質そうで、目を吊り上げて必死でドタバタを演じてる様子を見てると、自分の作品が他人からどう言われるかが気になって仕方がないって話は多分実話だろうなと思いながら私は見てました。なんか笑えない、っていうか。

 *

 私がこの超マイナーな作品をわざわざ取り出してきて今回見たのは、竹内結子さんの訃報にショックを受けて個人的追悼として彼女の出演作を片っ端から見返している一環でした。
 この本当に楽しそうに演じておられる竹内結子さんの姿がもう二度と見られないのかと思うと、大笑いしながら悲しくて仕方がありませんでした。
 私は三谷作品は総じて好きじゃないし、この作品も竹内結子さん以外の部分は別になくてもいいぐらいにしか感じませんが、竹内結子さんが登場する部分があることによってこれは私にとっての永久保存版です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ