ここから本文です

笑ってバッカーズ (2011)

監督
西川興
  • みたいムービー 1
  • みたログ 1

未評価

解説

滋賀県で人気を誇るご当地キャラ「知ったかぷりんカイツプリン」や、「野洲のおっさんカイツブリ」などが活躍する着ぐるみ映画。滋賀県民に親しまれてきた、20体を超えるゆるキャラたちを中心とした独特なストーリーが展開する。今回同県のテレビ局「びわ湖放送株式会社」と、県内を拠点に活動するクリエイター集団「藤井組/株式会社まちおこし」が制作を担当し映画化が実現。滋賀県内各所で撮影され、県民一体となって作り上げた一本が感動を呼ぶ。なお本作は11月より滋賀県にて先行公開される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

滋賀県では、「滋賀キャラ」と呼ばれる着ぐるみキャラたちがありとあらゆる場所に出没する。彼らはごく普通に人々の生活に溶け込んでいるのだが、その本来の目的は人間たちから「かわいい」という言葉を引き出すことだった。彼らとの共存はうまくいっているように見えたが、ある時点から人間たちはキャラたちを虐げるようになり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ