ここから本文です

サブマリン (2010)

SUBMARINE

監督
リチャード・アイオアディ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 101

3.50 / 評価:36件

主観的でありつつ。

  • 文字読み さん
  • 2015年10月5日 0時15分
  • 閲覧数 984
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

2010年。リチャード・アイオアディ監督。内向的な男子高校生が、一風変わった同級生との恋や、離婚の危機にある両親との関係を通じて、人生の選択に迷いつつ自分らしい生き方を模索する青春映画。

母親や恋人に翻弄される男子高校生の戸惑いを主観的にとらえようとしている。じっと様子をうかがい考えをめぐらす主人公の姿が人生の表面から逃れて沈み込む「サブマリン」だということだろう。だから、母親や恋人などはどこまでも「他者」であり、わかりえない存在になっている。その「他者」とラストでふいに分かり合ってしまうことに感動がある。一方的な主観的な想いが通じ合ってしまう奇跡。

波打ち際でリミットを探り合うように海に向かって少しずつ前に進む若い男女。同じ方向へ、同じ行動をする男女を写すことで心が通い合っていることを表す小津監督ばりの演出です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ