2012年11月10日公開

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~

POULET AUX PRUNES/CHICKEN WITH PLUMS

PG12922012年11月10日公開
チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~
3.4

/ 141

21%
28%
30%
16%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

愛用のバイオリンを壊された音楽家ナセル・アリ(マチュー・アマルリック)は、代わりのバイオリンを探したが見つからず、とうとう死ぬことにした。ベッドに横たわったナセル・アリは人生を追想する。修行の日々から人気者だった時代、大好きなソフィア・ローレンとチキンのプラム煮、そして成就しなかった恋。数々の思い出がナセル・アリの脳裏によみがえる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(60件)

ファンタジー13.6%切ない13.6%ロマンチック13.1%コミカル9.5%悲しい8.1%

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    ペルセポリスの中東漫画家女性監督の存在

    イザベラ・ロッセリーニとかをキャスティングできちゃうんだ。 中東は結婚相手は親が決めるんだね。

  • flo********

    3.0

    ネタバレ響かなかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tsu********

    4.0

    ネタバレ最後まで見ないと分からない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    3.0

    主人公に少しも感情移入が出来ない作品

     …あらすじは、解説のとおり。  愛用していたバイオリンを妻に壊された音楽家の男が自殺を企てようとするが、自殺は怖くてできず、食べる気力も失くして八日目に餓死?して死んでしまう。  その男の八日間の過去と現在が交錯して描かれている。  この男の一番の痛手は、今も恋い焦がれる女性と結ばれずに、愛情もなく結婚してしまったこと。  気持ちは解らないでもないが、その痛手のお蔭で人間味が増して、名バイオリニストになれたのではなかったか…。  ひたすら自己中の男を愛してしまった妻と子供たちが哀れだった。  テンポも映像も音楽も良いのに、肝心の主人公に少しも感情移入の出来ない残念な作品だった。  その憧れの女性が、雨の中、薄いワンピースが濡れて身体の曲線が逆光に浮かび上がるシーンだけは素敵だったので、☆一つプラスした。

  • end********

    5.0

    ネタバレ人生の悲哀を感じさせる素晴らしい作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~

原題
POULET AUX PRUNES/CHICKEN WITH PLUMS

上映時間

製作国
フランス/ドイツ/ベルギー

製作年度

公開日