ここから本文です

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~ (2011)

POULET AUX PRUNES/CHICKEN WITH PLUMS

監督
マルジャン・サトラピ
ヴァンサン・パロノー
  • みたいムービー 83
  • みたログ 328

3.41 / 評価:142件

最後まで見ないと分からない

  • tsu******** さん
  • 2019年6月8日 17時05分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初はわがままで芸術家気取りで
ろくに仕事も子育てもしない嫌な男で
こんな奴と結婚してイライラし続ける妻が気の毒にしか見えないわけだけど
次第に、その不仲の理由がわかってくるわけです。

妻がバイオリンを壊したのは
その音色に過去の愛を感じ嫉妬したからなのですね。

主人公にちょっとだけでも、自分を俯瞰する余裕があったなら
人生は変わっただろうなーんて。

結局、男のロマンを追及しているに過ぎないっていう気もします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ