ここから本文です

奪命金 (2011)

LIFE WITHOUT PRINCIPLE

監督
ジョニー・トー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 132

3.59 / 評価:59件

最高!こんな怖い映画は久しぶり。

  • gpiuhpuiwfq さん
  • 2014年11月1日 17時52分
  • 閲覧数 483
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカの超強欲ユダヤ金融が膨らましてはじけさせた世界的な金融バブル。そこに巻き込まれる香港の人々の群像劇。登場人物たちは三つのストーリーに分けられ、時間軸も過去や未来にいったりきたりで、ちょっと分かり辛い。香港のゴミゴミして、人がとにかく沢山いて緑が少なくて鬱屈した都会の中で、金というバーチャルなものに翻弄される人々の姿は非常にリアルで恐ろしい。なぜ恐ろしいかと言うと、金融商品を銀行に騙されて買ってしまい、全財産を失ったり、殺される人は、決して他人事ではなく、自分にも知り合いにも降りかかる事だからだ。それは珍しい事ではなく、何十万人、何百万人、何千万人に同時に起こるような災難であり、それが一部の人間によって人為的に引き起こされるのだ。それが恐ろしい。騙され奪われる人々は、まるで無力で無知でオロオロするしかないアリンコの群れのようだ。

カネに翻弄され、見てて胃の痛くなるような苦しい展開が続くが、最後にはカタルシスを得る事ができる。

このシナリオ、リアルさ、シリアスさとコメディのバランスは素晴らしい。リアルな香港人の姿を見る事ができる。

これは絶対に見て損しない良い映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ