ここから本文です

奪命金 (2011)

LIFE WITHOUT PRINCIPLE

監督
ジョニー・トー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 132

3.59 / 評価:59件

金融商品に手を出すな

  • fg9***** さん
  • 2017年4月13日 13時00分
  • 閲覧数 307
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 観始めたら大好きなジョニー・トー監督作品なので愉しみに観る。
 ストーリーは大きく三つに分かれる。
 1.マンションの購入を妻からネダラレテいる刑事の話し。
 2.金融商品を担当している成績の上がらない女性銀行員の話し。
 3.兄貴分の保釈金を工面しようと奔走するチンピラヤクザの話し。
 これら三つの話しが独立して進行するが、ギリシャの債務危機を発端にして株価が急落し、それぞれの話しが急展開で絡まり合い、一つの局面に集約されるストーリーはなかなか見事だった。
 最近観た『盗聴犯〜死のインサイダー取引〜』、『盗聴犯〜狙われたブローカー〜 』でも好演していたラウ・チンワンがチンピラヤクザ役で出演しているが、何とも味わい深い風貌と演技に感心する。
 胸を刺された友人が瀕死の重体状態で車を運転しているのに、なんであんた(ラウ・チンワン)は助手席に座ってんの???という呆けもご愛嬌に思えるほどの見応えのある作品だった。
 また、これまでも金融商品に手を出したことはないが、今後も絶対に手を出すまいと、勉強にもなった作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ