ここから本文です

奪命金 (2011)

LIFE WITHOUT PRINCIPLE

監督
ジョニー・トー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 132

3.59 / 評価:59件

解説

香港ノワールの名手として人気のジョニー・トー監督が、マネーゲームに翻弄(ほんろう)される人々の欲望を描く群像サスペンス。ギリシャ債務危機をきっかけに世界中に広がった金融危機をバックに、ある事件に巻き込まれた3人の男女の運命が交差する。ジョニー・トー監督作品常連のラウ・チンワンやリッチー・レンに加え、人気歌手デニス・ホーが出演。時間軸を複雑に交錯させた巧みな演出が光るドラマは、第68回ベネチア国際映画祭をはじめ世界中で高く評価された。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

銀行員テレサ(デニス・ホー)は落ち込んだ成績をアップさせるべく、リスクの高い金融商品の販売に明け暮れていた。刑事チョン(リッチー・レン)は、妻にせがまれているマンション購入の対応に苦慮している。気のいいヤクザのパンサー(ラウ・チンワン)は、兄貴分の保釈金の工面に悩んでいた。そんな中世界的な金融危機が巻き起こり、テレサの顧客が殺害され金を奪われた事件を機に、3人の運命は交差していく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

「奪命金」わかりやすく、おかしく、苦いジョニー・トー版<金融投資入門>

 そうだった、3年前、ギリシャの経済危機に端を発するユーロ暴落が起こったのだった。香港公開から数年を要するようになって久しいジョニー・トー作品だが、ユーロの不安定は解消されていないため、映画の背景のような事態はまたいつ起こってもおかしくない。

 このトー版<金融投資入門>は、わかりやすく、おかしく、苦い。苦いだけではない、マネー・ゲームは思いがけない僥倖を誰かに舞い込ませる魔法のゲームであることもしっかりみせる、勧めていいやり方ではないが。トーも自らの製作会社<銀河映像>経営者として金策ではいろいろ苦渋を呑まされてきたはずだ。恨み辛みを銀行の金融商品担当のデニス・ホーにぶつけている気配もある。<金融>は手数料で銀行が儲かるだけのシステム、ノルマ遂行のための欺瞞に満ちた犯罪行為ではないか、と銀行の理不尽をつく。香港ではハイリスク・ハイリターン商品購入の際、納得購入の証拠として録音するのか? ノーリターンの際の責任を客に負わせるため? トーは、銀行よりもさらに抜け目のないヤミ金融業者も介在させ、黒社会の投資業務もたくみにドラマに引き込む。さらに警察も<保釈金>狙いでマフィアいじめ(?)、とにかく世知辛いマネー、マネーのカオスだ。ラウ・チンワンは目をしばたかせ、善人マフィアとして相場師の学習もする。

 冒頭、警部補リッチー・レンは捜査の合間に妻にせがまれ高騰を続ける高層マンションを見に行く。レンは貧民アパートのほうが性に合うようで気乗りがしない。焦る妻は銀行を訪れ手付け金を作ろうとする、というように描かれる香港生活感情はとてもリアル。(滝本誠)

映画.com(外部リンク)

2013年1月31日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ