ここから本文です

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち (2011)

監督
若松孝二
  • みたいムービー 80
  • みたログ 353

2.96 / 評価:158件

熱量が伝わります

  • ins******** さん
  • 2020年7月24日 18時22分
  • 閲覧数 584
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

最後のバルコニーでの檄は、報道ヘリにかき消されまいとする言霊と気持ちのほとばしり、当時のままと感じます。ここに至るまでの魂も描いてくれています。若松監督の唸りが聞こえてきそう。

しかし、目ん玉と魂の神経が繋がってないんだろね、今の子たちのレビューは。
ビジュアルがどうとかセットがどうとか、似てるや似てないやとか。
形や表面的なところからしか入れないのかね、長らく続く平和ボケな時代の裏返し。

ボケる前に心を垂れよ、三島が泣いてるぜ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ