無料配信

メタル・トルネード

METAL TORNADO

90
メタル・トルネード
2.2

/ 25

0%
4%
36%
36%
24%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)


  • めもあある

    3.0

    How to make a SF movie

    少し前まではこの手の低予算系映画は、その内容だけでレビューを書いていたが、ある作品との出会いによって別の観方が出来ることが分かって、それ以来、エンドロールに着目している。 今回は「Stock Footage」という部分だ。 ”ストック・フッテージは、撮影済みの編集されていない「素材」としての映像のことであり、コマーシャル、番組、映画、ミュージックビデオなど、あらゆる映像制作に使用される。 アーカイブ映像、ストック動画、有りモノ映像など、様々な呼び方がされている。” (Wikipediaより) 結局、お手軽にSF映画風な作品を制作するための素材集を使っているわけで、なるほどね、と思いながら観ていた。以下は、今回利用されていたStockの提供元である。 POND5 REVOSTOCK FOOTAGE BANK HD THOUGHT EQUITY GETTY IMAGES GOTFOOTAGE WRIGHTWOOD GROUP,INC. POND5は他のB級映画でも使われていたし、GETTYはTV番組で写真などの素材提供元として有名だ。その他も丹念にチェックすればこの手の作品に使われているのではないかと思う。 でもまあそういう点を差し引いても、ストーリー的にはそれなりによく出来ていると思うしセリフもなかなか練られている感じだ。また、それぞれの人物像もちゃんと描かれていたし(主人公格のオールバックの老眼オッサンは当初はキモく感じたが)、飽きずに最後まで観ることが出来たので、B級以下の作品としては満足のいく☆三つ。 アメリカの作品にありがちな家族や関係者間のゴタゴタもあまりくどくなく適度だったのも良かったと思う。この手の作品に科学的根拠を求めるのは酷だろうから、その点はスルーした次第。 Amazon Prime Videoの見放題枠にて鑑賞。

  • koko

    1.0

    ネタバレ途中離脱…無念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kom********

    2.0

    惜しむらくはCGの出来

    科学考証はさておき話自体は悪くない。低予算だからかCGが雑でPS2のムービーレベル。そこだけ我慢すれば暇潰しには上々

  • na7********

    2.0

    ネタバレ映像がも~少しねぇ・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ang********

    2.0

    ネタバレ激烈に甘目で★2

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    3.0

    B級ですが?

    B級映画でCGはチープですがストーリーはまずまずで楽しく見れました。 フランスの部分は別にいらなかったが。

  • 春日 八郎

    1.0

    思いっきりB級

    最初から最後まで、役者の演技もチープなCGも観ている方が恥ずかしくなってしまう程のB級感。

  • スーザン

    3.0

    エッフェル塔も巻き込まれる。

    大企業によるクリーンエネルギー開発、その設計ミスにより磁気竜巻が発生、大暴走。 あまりに少人数の関係者達と、被災シーンのしょぼさ・・・B級丸出し感が素晴らしい。 パリは間に合わず全滅って・・・、凄い参事ですよ! ルー・ダイアモンド・フィリップスの一所懸命さが良い。

  • www********

    2.0

    ネタバレメタル・トルネード(スルーして下さい)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    それなりの迫力の磁気竜巻

     太陽フレアによってクリーンエネルギーを生成するヘリオス計画が暴走し磁気の竜巻を発生させてしまった事から、それを押さえ込むために奮闘する人々の姿を描くディザスター映画。金属が舞っているためかなり危ない。近づいたら間違いなくズタズタにされる。こんなのが起こるとは思わないがそれなりの迫力ある描写で見せる。

  • しん

    3.0

    夢想花のように飛んで回ります

    2011年カナダ作品。 ヤフーレビュー、みたい人「0」、みた人「0」 当然未採点。 「おお~!未採点や! 誰も観てない!」 思わず興味が出てしまい鑑賞。 太陽のフレアエネルギーを吸収する磁場を造って エネルギーを貯蓄し、 それを各国に売ろうとするヘリオスワールド社。 例えるとソーラーパネルで 太陽エネルギーを吸収する様なものである。 ダウンロード完了し、 実験は成功したかに思えたが2%が収集不能だった?! その2%の磁気が竜巻を発生させた。 「メタル・トルネード」 その名の通り金属のみを吸収する竜巻である。 缶、ナイフ、フォーク、バイク、車、 金属なら何でも吸収するのである。 口紅、ピストル、チェーンソー、 これらが飛んで行く映像はかなり笑える。 「飛んで、飛んで、飛んで、飛んで、飛んでぇ~ 回って、回って、回って、回~るううゥ~!」(歌って下さい) ・・・円広志の「夢想花」がバックに掛かったらホント最高である。 巻き込まれる前に物が人に飛んで来て、 悲惨にもケガを負う人間達が描写されているが 「ワァ~」と言うだけでグロ描写はない。 グロ映像を入れれば、もっとリアルになるのに・・・ パニックシーンなのに何故か笑えてしまう。 ホースがオバアさんをヘビの様に追い掛け回した後、 竜巻に吸い込まれるシーンなんかは、 「ホースがヘビになってるやん! ヘビ~メタルやん」(爆) と突っ込んでしまうほど笑える。 ・・・「まさかネラってませんよね?」 また役者さん達が真剣に演じているから余計に笑える。 と言っても、知っている役者さんは一人もいないが。 この手の映画は「最後のオチ」が肝心である。 「竜巻巨大になってしもたで! どう言うオチつけるん?」 そうパリのエッフェル塔まで巻き込むのである。 竜巻の中心に電磁波爆弾を投下して粉砕する? どうやって? 飛行機は金属やし竜巻に吸収されるやん? 「えっ?そんなアホな」・・・ウルトラQ! メタル・トルネードの映像と言い、 映画の雰囲気と言い、 「地球が静止する日」の様な映画でした。。。

1 ページ/1 ページ中