レビュー一覧に戻る
蝶々さん~最後の武士の娘~

djh********

5.0

オペラとは違う良さを感じる

宮崎あおいさんが、最後の武士の娘を確り演じていたので、芯の強い素晴らしい明治の女性を表現しました。特に、中国人に襲われるシーンは、迫力満点で身体を震わせながら涙を流すと言う離れ業をやってました。自分の結婚相手に、アメリカ人の奥さんが居る事を知った後の演技は本当に見物です。凛とした女性を演じさせたら、恐らく宮崎あおいさんの右に出る人は居ないと思います。

閲覧数510