ここから本文です

スノーホワイト (2012)

SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN

監督
ルパート・サンダーズ
  • みたいムービー 284
  • みたログ 2,201

2.87 / 評価:1119件

鏡「一番美しいのは女王様です」

  • lma***** さん
  • 2020年9月13日 12時55分
  • 閲覧数 321
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

女王が鏡に問いかける時、つい鏡にシンクロして私はそう呟く。
いやはやほんとに美しいのだこの女王様が。
そして観客側だけが知る 彼女の「悲劇」の裏設定がまたセツナイ。

物語は 公開時も言われていたように原作を元にしたダークファンタジー。
女王の「魔力」を映像化し それと戦う白雪姫のお話だ。
結構どろどろとした場面がリアルに登場するので 小さなお子様はちょっと避けた方が良いかもしれない(勿論 個人の判断による)

この白雪姫は幼い頃からずっと牢獄に幽閉されていたのだが 脱出した途端に駆け回り滑り飛び跳ね 馬を乗りこなし剣も使う。
その点のご都合主義は意識が映画に入り込む妨げにはなるが まぁそれはそれとして楽しむ主義なので観覧を続ける。

中盤からはぐぐっと面白くなり 
小人達と出会う頃には 気が付けば充分映画に入り込んでいた。
(再会した幼馴染の登場も 狩人との関係を含め関心度が増す)

こういった映画の多くにみられる「悪役には裏がある」
冒頭にも書いたが
この映画でも 女王にはどうやら過去に酷くツライ出来事があったようだ。
彼女の本当の美しさと 時折垣間見えるセツナイ表情から やはり心底憎めない「悪役」だ。
行いは勿論悪い事だが 出来ればもっと 幸せになって欲しかったなぁと思う。


さて、この映画もまず「字幕」をそして続けて「吹き替え」を拝見した。
結論からいうと「絶対に字幕」!
理由は
●女王様の声 へたすぎ!(言葉がキツクて申し訳ないが全く下手)
●意味がかなり違う

**** 以下終盤のネタバレ含む



ラストで白雪が女王を小刀で刺して
【吹き替え】
白雪「魔力は美しい物で増える でも同時に美しいもので滅びる」(意訳)

【字幕】
白雪「魔力は血で 無くなるのよ」(意訳)

いや 全く意味が違う。
かと言って 字幕をお勧めするものの「なぜ血で魔力が減る」事を白雪が知っていたのかは 申し訳ないが私には解らなかった。
確かに序盤に 反乱者にナイフで刺された女王の魔力が薄れる場面はあるのが その場に白雪はいない。

反乱軍の決起を薦める演説(?)の場面は寧ろ逆に 吹き替えの方が説得力があった。(やっぱりご都合主義は否めないが)
では どちらにせよ「??」なのになぜ字幕を薦めるかと言うと
「女王の吹き替えが下手過ぎる!!!!」 これに尽きる。

威厳がさっぱりないのだ。さっぱりだ さっぱり!
この映画では女王の魔力、すなわち見た目が増減(変化)する場面が複数回ある。
若く美しい女王の自信に満ちた表情と声
僅かに年老いた女王の悲しみに包まれた表情と 声
復活したアイライン濃いめの女王の憎しみや威厳の声・・・

演じた女優が素晴らしくそれらを表現しているため 字幕の平坦さが目立って目立って・・・
ほんとに勿体ない。

※若干の言葉のキツサをお詫びする。
(しかし女王は本当に美しく そしてご本人の声の表現が素晴らしい)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ