ここから本文です

シティ・オブ・ドッグス (2006)

A GUIDE TO RECOGNIZING YOUR SAINTS

監督
ディート・モンティエル
  • みたいムービー 5
  • みたログ 61

3.00 / 評価:22件

お母さんの人柄の良さだけが心に残った

  • fg9***** さん
  • 2017年2月1日 15時56分
  • 閲覧数 199
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄だった。   
 R・ダウニー・ジュニアが現代の主人公、その青年時代をS・ラブーフが演じているが、2人の容姿があまりにも似ていないので、最初のうちは同一人物とは思えないまま観てしまった(ストーリーを追うごとに理解は出来てくるが……)。   
 父親が、ワルのアントニオを何故贔屓にしているのか、理解に苦しむ場面があった。
 別段、飛びぬけたワルがいるわけでもないし、吃驚するような事件が起きるわけでもないし、お母さんの人柄の良さだけが心に残った作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ