レビュー一覧に戻る
ヤング≒アダルト
2012年2月25日公開

ヤング≒アダルト

YOUNG ADULT

942012年2月25日公開

milky7

5.0

ネタバレ永遠のヤングアダルト ネタバレ

タイトルのヤングアダルトはティーン向けの小説のジャンル、主人公メイビス・ゲイリーはヤングアダルト向け小説のゴーストライター。 思春期から大人へとうまく成長しきれていない彼女のキャラクターを茶化してタイトルにしたのかもしれません、しかし逆にとらえるとそういった性格ゆえ歳を重ねてもティーンの心に同調した小説をかけるのかもしれませんね。 。 ヤングアダルトの象徴としてハロー・キティのTシャツをさりげなく着せてるあたり制作者のこだわりも見えます。 そんな彼女、後頭部の髪の毛を抜く癖があるようで抜毛症という強迫性障害を患っているようです。 ある日かつての恋人バディから赤ちゃんの誕生祝福パーティーへの招待状がメールで届きそれを「自分とよりを戻したいのだ」と都合よく勘違いしたメイビス。 のちにわかりますが実はバディの奥さんの思いやりから始まった「メイビス歓迎会(癒し会)」の意味もあったのです。 メイビスのご両親がどうしてバディの赤ちゃんに会ってるのか不思議だったのですが実はバディ夫妻からメイビスのご両親に連絡が事前にいっていたようです。 そうメイビスの誘惑をバディがさりげなくかわしていたのも、奥様がメイビスの高飛車発言を意に介していなかったのもメイビスが精神的に参っている事を知っていたからゆえの想定内の出来事だったのです。 バディとの思い出の曲を奥様がバンドで演奏したのもメイビスへの歓迎の意味があったのかもしれません。 パーティーでの失態から元いじめられっ子マットと一夜を共にした明朝、冒頭で一夜をともした男とのショットと同じように何事もなかったかのようにベッドから降りて行くメイビス・・・彼女にとってはありふれた一夜のメイクラブだったことがうかがえます。。 そしてラスト自分が満たされないのは自分の心の持ちようだと気付き始めるメイビス、誰もがメイビスの成長を期待する瞬間です。 そこにマットの妹がまさかの水を差します、彼女は学生時代からメイビスのファンでメイビスの生き様に幻想を抱いていて彼女の生き方に共感していたのです。 そうマットの妹サンドラはメイビスと対照的な陰キャタイプのヤングアダルトだったのです。 自分も田舎を出て都会で暮らせば変われるという浅はかな思いからメイビスに媚びた助言をしますがあっさりとYou good here (あなたにはここがお似合い)とあっさりと突き放されます。 最後は田舎に帰ってきてメイビスと同じようにポンコツになったミニクーパーでミニアップルへと還っていきます。 お幸せに。 ちなみにミネアポリスがミニアップルでビッグアップルはニューヨークの事だそうです。

閲覧数746