レビュー一覧に戻る
STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D
2012年3月16日公開

STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D

STAR WARS: EPISODE I - THE PHANTOM MENACE 3D

1372012年3月16日公開

さくらそう

1.0

飛び出るのは日本語字幕のみ

評価は「映画の内容」へではなく「3Dリメイク」へのものです。 スターウォーズは当然見てる、ポッドレース仕様の3Dメガネまで買った、そして3D映画だから料金300円増しだ。 ・・・俺が期待し過ぎてたのか?いや、もし全く期待してなかったとしてもおそらく「観た事を後悔」していたのは間違いないだろうさ。 「水中で襲ってくる恐竜」「ポッドレース」「宇宙空間での闘い」と、3Dを活かせるシーンはいくらでもあったハズ。 なのに、3Dの恩恵を感じれた部分は全く無し。 『もしかして3Dメガネ壊れてる・・・?』と何度も外してみた。 ちょっと字幕がぼやける程度で映画自体は何の支障も無く観れた。 途中からはもうメガネが邪魔で裸眼で観た、何この本末転倒っぷり。 SW初心者の人への入門編なら・・・とも考えました。 でも、今時レンタルに毛が生えた程度の値段でDVDが売っている。 レンタルなら旧作1枚100円で借りられる時代ですよ。 それなのに3D料金まで上乗せした金額をわざわざ払わせるのか? 映画館の大スクリーンでSWが観られる!という点も色んな映画館でやってるリバイバル上映企画ならせいぜい1000円でしょうに・・・ この後「タイタニック」「ファインディングニモ」「モンスターズインク」とさまざまな映画が3Dリメイクされました。 それを全スルーする事になったのもこの映画のせい。 映画界最強タイトルのSWでこのザマじゃあ「3Dリメイク」自体が無理ゲーだと証明してしまったようなものですから・・・ 評価はここまでボロクソにしたのですから当然の☆1つ。 SWの本編自体は面白いですよ?3Dリメイク商法がクソという事です。

閲覧数1,460