ここから本文です

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦- (2012)

監督
曽利文彦
  • みたいムービー 27
  • みたログ 137

3.81 / 評価:106件

劇場版としてはCGの出来が残念。

  • NAO さん
  • 2012年2月15日 3時16分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

画像のイメージが本当にゲームっぽい。冒頭世界観を説明する英語のナレーションと字幕が流れるんですけど、これが早すぎて、導入部分で早くもくじけそうになってしまいました(T_T)ゲーム慣れしてない自分についていけるかと。。。
ストーリーは、思っていたより面白かった。そして世界観もそんなに複雑ではなかった。本編は吹き替えだったしね。
栗山千明と、谷原章介。GACKTが出てます。がっくんは、本人と分からないくらい迫力あるおっさん役でした。
(声優見たらキーパーソンが分かっちゃうって言う。。。あれ?)谷原さんはもともといい声をお持ちなんですけどねぇ。。。
魔法使いと剣士とドラゴンって言ういわばファンタジーの王道的展開ですが、最初混沌としていて、誰が裏切り者か分からないっていう形をとっていて、本当にアメリカのゲームにありそう~な感じになってます。
ドラゴンのデザインとかCGはなかなかすごいものがありました。迫力あって。そういうクリーチャーを作りなれている人たちなんだなぁと。。。森の中を逃げるシーンなどは、自分の目線でカメラが動いているところとか、画面がゲームっぽい感じを受けました。
人物のCGと、全体画面のCGは粗い。。。ゲームとしてはいいのかもしれないけど、全体で見ると、ドット欠け?みたいな気になる輝点があったりして、(特に後半主人公の耳の辺り、処理が粗くて気になる。。。)そこは残念。劇場版の大スクリーンで見る映画としてはCGクオリティは残念というほかはない。。。
結構戦闘シーンでは血が流れますので、子供さんにはあまり見せられない感じですけど。。ドラゴンとかアメリカのRPG、ファンタジー好きな方は楽しめるかも知れません。
終わり方からして、続編があるか、ゲームの新作に続く感じでしたね。ファンの方は必見かも?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ