ここから本文です

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦- (2012)

監督
曽利文彦
  • みたいムービー 27
  • みたログ 137

3.81 / 評価:106件

ドラゴンエイジとベルセルク

  • ope***** さん
  • 2012年2月16日 9時21分
  • 閲覧数 530
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドラゴンエイジとベルセルクを見てきた。比べて申し訳ないが、ベルセルクは原作を読んだこともなので、正直ついて行けないところも多く、ファンのための映画なんだというおいてけぼり感が強かった。その点、ドラゴンエイジはゲームファンだけでなく、かなり一般のお客を意識した作りになっていて大いに楽しめた。CGの技術レベルは圧倒的にドラゴンエイジが優れていて(当たり前か)、カメラもよく動くので心地よく見れた。ただ、顔の表情などの表現力は手書きのベルセルクが勝っていると感じた。でも全体的なキャラ感としては妙にカクカクして動くので、美しさを考えるとドラゴンエイジも悪くなかった。アクションシーンはドラゴンエイジの方が量も多く楽しめた。ベルセルクはいいところはいいが、やっぱりリドリー・スコットの焼き直し既視感が強く、CGの自由自在なアクション演出と比べ硬い。

ストーリーを考えると、ヒット原作長編のベルセルクに奥行きを感じるが、それは原作の方で、映画として見ると構成や演出が無駄が多くて間も悪く正直良くなかった。ドラゴンエイジのストーリーは単純な分、明快で迷いがなく、構成もよかった。一歩間違うと酷いことになりそうなストーリーをそれなりに見せ切っているのは演出力ということだろう。

まあ結論として、原作ファンの方はベルセルク、あまり原作を知らない方はドラゴンエイジということだろうか。個人的に映画として見たときはドラゴンエイジがかなりお気に入りだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ