ここから本文です

ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦- (2012)

監督
曽利文彦
  • みたいムービー 27
  • みたログ 137

3.81 / 評価:106件

栗山最悪の手抜き作品だけど映画化に感謝

  • taka さん
  • 2012年2月18日 0時10分
  • 閲覧数 412
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゲーム経験者です。
まさか映画化されるなんて。
このゲーム、日本じゃ大ヒットってわけでもないのに何でまた…
予想もしていなかっただけに感謝の気持ちでいっぱいです。

せっかく映画化してくれたのにどうして素人の声優を使うんだろう?
製作者としては、日本ではマイナーな原作なので、声優に栗山さんやガクトさんを起用すれば原作ファンに加えて彼らのファンの来場を当てにできると考えたんだろうか。
そう考えてるとしたらアサハカきわまりない。
作品のレベルを落としても違和感を持たないほど客はバカじゃない。
それにしても栗山さんは下手すぎ。
彼女は声優に関してはズブの素人でしょ。
なんで主役なの?
プロ野球の日本シリーズで先発にキムタク使うか?
ってことはこの作品は野球で言えばオープン戦。
内容よりも客集め重視ってこと。
栗山さんには聞き取れないセリフがいくつもあるんだけど本人はわかってないんだろうか?
プロが作った作品も素人が作った作品も同じ料金だなんておかしいよ。
素人を起用した時点でいい映画を作ろうと言う気概は一切なし。
同じくゲームを原作とした「逆転裁判」からは、いい作品にしようという意気込みが伝わっただけに残念。というか情けない。というか哀れ。

CGはすばらしい。実写と見間違えるシーンも少なくない。
声優が足を引っ張ったけど。

でもパンフは買った。
ゲームのファンだから。
入場時にPS3版ゲームのダウンロードコードくれたのもよかった。
でも持ってるのはXboxなんだよなあ。
残念なこと多い作品だ…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ