ここから本文です

METライブビューイング/ヘンデル《ロデリンダ》 (2011)

  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

未評価

解説

オペラの中心地ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の最新作を映画館で上映する『METライブビューイング2011-2012』の第5弾。バロック期を代表する作曲家ヘンデルの傑作を、世界を代表するソプラノと呼び声が高いMETの女王ルネ・フレミングが高らかに歌い上げる。指揮を務めるのはイギリス出身の新鋭ハリー・ビケット。世界最高のカウンターテナーと評されるアンドレアス・ショルらが繰り広げる、愛憎渦巻く壮大な歴史絵巻に酔いしれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

7世紀、北イタリアのランゴバルト王国では、ミラノ王妃ロデリンダ(ルネ・フレミング)が悲嘆に暮れていた。彼女の夫であるミラノ王ベルタリード(アンドレアス・ショル)が戦死し、新王グリモアルド(ジョセフ・カイザー)はロデリンダとの結婚を要求していたからだ。彼女はそれを拒否するが、突然亡くなったはずの夫が姿を現わし……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ