ここから本文です

メリダとおそろしの森 (2012)

BRAVE

監督
マーク・アンドリュース
ブレンダ・チャップマン
  • みたいムービー 128
  • みたログ 1,151

3.11 / 評価:604件

ピクサー版ディズニー・プリンセス

  • Shoko さん
  • 2019年2月1日 20時59分
  • 閲覧数 668
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

先日みた「シュガーラッシュ:オンライン」でディズニー・プリンセス大集合のシーンで、メリダが登場。
スコットランド英語はかなりクセがあるので、メリダが何を言っているかわからないと主人公のヴァネロペがいったら、他のプリンセスが、私たちもわからないの、彼女、別のスタジオだから、というギャグがあって、そうだ、そういえばメリダって、ピクサーだったなぁ、アカデミーの長編アニメーション賞を受賞してたっけ、と思い出しました。(ちなみにその時は一作目の「シュガーラッシュ」を応援していたので、私はがっかり。)

そんなわけで本作をテレビでみてみる気になりましたが、やっぱりスコットランドの英語は聞き取りにくい〜(笑)
でもメリダのお父さんの声はコメディアンのビリー・コノリーだとすぐわかって。というか彼しかいませんね、この役は。
そしてメリダのお母さんはスコットランド訛りだけど、よく聞いてみると、エマ・トンプソン。
そうとわかると顔やしぐさまで、まさにエマ・トンプソンそのものなので、それからずっと女王さまの時でも、クマになってからも、ずっとエマ・トンプソンだーと思って、見てました。
う〜ん、私にとってはそれがこの映画の一番のハイライトだったかなぁ(笑)

あまりトキメキもワクワク感もない展開で、コミカルなシーンも幼稚で、大人にはどうかな、と思いました。ダークで大人向けの作品と解説にはあるけどね。
いくら望まない結婚を押し付けられたとしても、魔女に頼んで、自分の母親に魔法のかかった怪しいケーキを食べさせるというのは、ちょっと行き過ぎのような〜。
メリダにあまり共感できない、、。

ピクサー製作とディズニー配給ということで、ピクサーらしさよりも、ディズニープリンセス・ストーリーが勝ってたような。
それも最近流行りの、アンチプリンセス的な、素敵なプリンスを必要としない男っぽく強いプリンセス。
母娘の物語なんだけど、いまひとつ華がないです。

それでもアカデミー賞を受賞したのは、やっぱりビジュアルかなぁ。
中世のスコットランド。時に実写のようにみえる背景で、大きなスクリーンでみたら、とても素晴らしく思えたかもしれません。

評価は三つ星です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ