ここから本文です

アーティスト (2011)

THE ARTIST

監督
ミシェル・アザナヴィシウス
  • みたいムービー 581
  • みたログ 2,628

3.91 / 評価:1205件

サイレント作品という割に・・・

  • tot***** さん
  • 2021年8月16日 15時36分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

この時代に、サイレント、モノクロ、スタンダードサイズ、という作品を敢えて作ろう、ということは賞狙いか?と勘繰ってしまう。「どうせ懐古趣味だけの退屈な作品かな」と。でもお話はまぁまぁで普通に良かったのですが、サイレントと謳いながら効果音や台詞があったりと中途半端。そもそもモノクロ、サイレントにする必要があったのか。チャップリンでも日本映画でもサイレントの良い作品は観終わった後、ホントに台詞を喋っていたのでは・・・と勘違いしてしまう程のめり込んでしまうものですが、この作品ではそんなことは全然なかった。サイレントからトーキーへの変換期の役者を描いている作品なので“サイレント”ということを強調したかったからか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ