ここから本文です

別離 (2011)

JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION

監督
アスガー・ファルハディ
  • みたいムービー 1,569
  • みたログ 1,331

4.08 / 評価:529件

真の主役は、「イラン」の国そのもの。

  • エル・オレンス さん
  • 2021年1月23日 16時06分
  • 閲覧数 56
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最大の肝は、イラン社会の実情でしょう。

イスラム教やコーランを根底にした信念や習慣、戒律の数々が、映画の随所に描かれていて、どれも斬新で見応え満載です。

彼らイスラム教徒にとって、コーランへ誓うことの重大さは、想像を超えるレベルなんだと痛感。「神への誓い」と「嘘」のバランス感覚からも、イスラム社会の特性が良く表れていて面白いです。

裁判シーンも衝撃。弁護士の影が薄く、双方の当事者たちに言いたいことを好き放題言わせて、判事が判決を出す光景が凄まじ過ぎる・・。

日本で暮らす無神教の我々にとって、イラン社会はかけ離れた存在であり、そんな特異な社会の中で繰り広げられる愛憎渦巻く人間ドラマにぐいぐい引き込まれるし、誰が悪く、誰に責任があるのかと、言葉の応酬が繰り広げられるほど、自分や家族を守るための嘘が双方の傷口を大きく広げていく様にも胸が締め付けられます。

母親と父親、どちらを娘は選ぶのか。その答えを見せないラストも秀逸。(あの娘って、アスガル・ファルハーディー監督の実娘なんですね〜)



======================================

★2011年ベルリン国際映画祭 3部門受賞金熊賞、男優賞(男性キャスト)、女優賞(女性キャスト)

★2011年アカデミー賞 国際長編映画賞受賞

★2011年ゴールデングローブ賞 外国語映画賞受賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ