2012年2月25日公開

英雄の証明

CORIOLANUS

1232012年2月25日公開
英雄の証明
3.3

/ 107

20%
17%
39%
19%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(39件)


  • cya********

    2.0

    何だこりゃ

    評価の高い理由が分からない。終始眠い。 ちゃんと古代ローマを舞台にするか、違和感がないように現代になじませるかして欲しい。 シェイクスピアだから凄いんじゃなくて、良い作品だと思ったらシェイクスピア原作だったが理想。 これシェイクスピアに失礼だろ。 シェイクスピアが現代に来てこれ見たら、「ちゃんとアレンジしてくれよ、俺もあの時代にうけるように描いてたんだからさ」って言うって。 ただ、これをやろうとチャレンジした心意気は素晴らしいと思う。 歌舞伎でワンピース見てる感覚。

  • bar********

    3.0

    チャレンジ精神はいいと思う

    英雄の証明。 シェイクスピアの戯曲『コリオレイナス』が原作(というかそのまま)になっている現代劇です。最初にうんちくを傾けさせてください。 そもそもこの『コリオレイナス』はシェイクスピアの戯曲の中でも非常にマイナーな作品で、上演されることも稀、文書では(日本においては)ちくま文庫のシェイクスピア全集か、まず書店では見かけない単行本を手に入れてしか読むことができません。 ですので、ご存じない方がほとんどだと思います。ただWikipediaを見れば、あらすじが丁寧に書かれていますので、興味を持った方は一読してみる価値があります。 ともかく、シェイクスピアの戯曲を現代風に仕立て上げるのは興味深いテーマだと思います。しかし監督のレイフ・ファインズ氏と脚本のジョン・ローガン氏の取り組みには、根本的な思い違いがあることを指摘しなくてはならないと思います。 それがキャラクターの創造です。もっと言えば、人間の社会学的な生態です。 普通、人間の社会や文化レベルというものは、科学技術の発達性によって左右されます。それは誰でもお分かりの事と思います。経済レベル、通信による世界の環境レベル、生活レベルが恐ろしくかけ離れた現代では、ローマ共和制時代に「善し」とされたことは、全くそぐわないものと映ります。(戦いと名誉こそ、大切なものだとか) おおまかなストーリーは評価するにしても、セリフ周りに違和感があったというレビュアーの意見は的を射ています。キャラクターのセリフのみならず、哲学・倫理学はもう過去の姿であり、現代の文化とは全くそぐわないと考えます。 この作品の欠点は、物質的な環境と人間の文化を分けて考えたことです。つまり環境世界と心理世界の分離ですね。なぜそれらが別々のものだと考えてしまったのか、理解できません。たとえばこれは「道具」に注目してみれば簡単に理解できます。 人間が剣や盾で戦わねばならなかったときは、人間は敵に対して気炎を上げて突っ込まなくてはならず、剣で肉体を切り裂いて血を浴び、敵の断末魔を聞かなくてはなりませんでした。そのため、戦場でのそういった忌まわしい体験を忘れさせるような、戦士の美徳がとにかく尊ばれます。戦に出て敵を倒して帰れば国の英雄であり、彼らの行いは社会的に承認され、勇猛さがヒトの最大の美徳となります。そうすることで戦士の体験は浄化されるのです。 しかし銃が主力となった場合は、そんな浄化の儀式を踏む必要はなくなりました(実はそれでも戦場の忌まわしい記憶がなくなったわけではなく、全ては相対的なものにすぎません)。それは銃は遠くから、引き金を引くだけで相手を倒すことが可能であり、忌まわしい光景を見ることも少なく、自分が相手を殺したという責任感も(相手に剣を刺すより)弱まるからです。 ですからヒトの美徳が何かというものは、物質世界とのかかわりが重要なのです。それによれば、この映画のキャラクター造形は根本的に間違っているということがわかると思います。戦場の体験が異なる現代では、名誉や美徳といった概念がそもそも異なるのです。 私は、あくまでローマの政治劇を行いたいのであれば、舞台を共和制ローマ当時に設定しなくてはならなかったと思います。そして、もし現代劇に作り直したいなら、キャラクターやストーリーや舞台設定などを、細かに作り直さなければなりません。それはとても手のかかる作業ですが、とても楽しい作業なはずです。 アイディアは面白かったのですが、製作段階で無茶な設計をしてしまって、台無しになってしまうことは、実はよくあることなんです。チャレンジ精神は素晴らしいので、もっと色々やってみて頑張ってもらいたいですね。

  • lad********

    2.0

    現代劇は無理があった

    舞台劇の台本をそのまま使って現代の映画を作ってしまったような不自然さ満開。 イーサン・ホークの『ハムレット』やレオナルド・ディカプリオの『ロミオ+ジュリエット』も現代版だったけど、王を大企業の社長にしたり、2大勢力の大貴族をマフィアにしたりと、それなりのアレンジを加えていたが本作はそんなアレンジ一切なし。 そもそもの物語からして政治色の強いものなので、現代に置き換えること自体がハードル高そう。 テレビや新聞などがあり特に情報操作されている訳でもなく、様々な情報が入手できる現代の設定でこうも簡単に護民官に洗脳される民衆は少々どころか大分お頭が弱いのではないか。 執政官になるために傷を見せることに拘るのも古代染みた因習に固執し続ける田夫野人のようだった。 大体テレビ局のスタジオの観覧者が民衆って…。 民衆取っ払って、議員の派閥抗争とかで良かったように思うけど。 レイフ・ファインズのイギリス英語はセクシーだった。 お母ちゃんも貫禄が凄かった。

  • yok********

    4.0

    癖になる違和感。

    なんともセリフがゴージャスで、目をつぶっていても、寧ろ、目をつぶっていた方が古代ローマが想像できるセリフの素晴らしさに感動。 レイフ・ファインズ氏が丸刈りにすると別人に見えた。 流石はBBC、シェイクスピアを熟知しているためか、違和感満載の映像だったが、十分にシェイクスピアを楽しめました。

  • fg9********

    2.0

    何とも器量が狭い

     …あらすじは、解説のとおり。  シェイクスピアの「コリオレイナス」を基に、ローマの独裁者(レイフ・ファインズ)と小国のリーダー(ジェラルド・バトラー)との運命的な戦いを、時代を現代に置き換えたストーリー。  序盤の熾烈な銃撃戦はなかなか迫力があり、今後の展開に期待が持てた。  また、レイフ・ファインズがローマの執政者となるものの、あまりにも傲慢不遜が故に追放の身となるのも頷ける。  そして、宿敵ジェラルド・バトラーの許に赴き、自分を追放したローマを攻めまくるのも良しとしよう。  しかし、これ以降がどうにもいただけない。  陥落直前になって、ローマに残してきた母・妻・子から、これ以上の進軍は止めてくれと懇願されると、多少は苦慮したものの和平条約を結んでしまう。  また、ジェラルド・バトラーもレイフ・ファインズを迎え入れる時に、「新婚の嫁をベッドに迎える以上に嬉しい」とかなんとか言っていたくせに、レイフ・ファインズの快進撃に嫉妬しての結末とは、何とも器量が狭いと感じてしまった。  原作どおりなのだろうが、幕引きは尻すぼみ感だけが残った作品だった。

  • gmr********

    5.0

    英雄の証明

    偉人・シェイクスピアの台詞回しはやはり圧巻だが、それを演技する俳優達もみんな素晴らしい。ファンなら一度は見るべきだと思う

  • joz********

    5.0

    シェークスピアのファンなら・・・

    ・・・・・・っということで、ツタヤで事前情報ナシに棚から面白そうな作品を選ぶと、必ずハズレになる。 それでも懲りずに、何度も何度も宝探しを繰り返す。 当たったぁ~~~ これはアタリ。 珍しい。 先ず、邦題が悪い。 【英雄の証明】ですよぉ~~ こんな題名、誰が見るかいな。(-_-;) ・・・・・・ でも、キャストがレイフ・ファインズとジェラルド・バトラーとなると、見てみたくなるじゃないですか。 しかも、レイフ・ファインズ初の監督作品とくる。 掘り出し物の匂いがプンプンするじゃないですか。 ・・・・・・ 面白い。 無茶苦茶オモシロイ。 でも、シェークスピアが好きな人、あるいはその世界に拒否反応を示さない人限定でオススメです。 残念ながら、ぼくの周辺にはそんな人はいないので、ブログで「面白いヨォ~~」と書くしかない。(^^ゞ ・・・・・・ シェークスピアの作品は古めかしい。 セリフが時代がかっている。 故に、現代人にはウケない。 残念だなぁ~~ シェークスピアの人間洞察。 特に、人間の持つエゴ、嫉妬、欺瞞、群集心理、復讐心、劣等感、恨み、嫉み、怨嗟、憎悪、自棄、破壊衝動・・・など、あらゆる負の感情を扱っているのがシェークスピアなのである。 そんなシェークスピアの面白さを現代劇に置き換えて描きたいなぁ~~ という欲求に捉われなかったシェークスピアファンは少なくないのではないだろうか。 ・・・・・・ レイフ(呼び捨てにしちゃうけど)は実に上手いアイデアを思いついたものである。 細かいことは言いませんが、以上のぼくの記述で興味が湧いた人(まずいないと思いますが)は、是非ご覧ください。 シェークスピアファン必見の作品です。(^o^)丿

  • 高城貞雄

    1.0

    失敗作でしょう

    時代は現代。携帯もテレビもある時代。ローマが舞台だが今のローマとは違う。セリフはシェークスピア、政治も昔の形態。軍人である主人公一人がローマを動かすことができるという状況。 最初はそういう現代ではない現代についていけない。セリフ回しや主人公の母との関係なども今ではありえない設定。 ライバルもあまり魅力的に描かれていない。 戦うことだけに生きた主人公は魅力的ではあるが、とにかくこうした背景やセリフ回しが違和感がありすぎる。 本来の時代背景で作った方が良かったのではないかと、というか何故そうしなかったのかと残念な映画でした。

  • ban********

    2.0

    違和感だらけ

    シェイクスピアの戯曲「コリオレイナス」が原作だそうですが、 みたことはありません。 今作はその戯曲の時代を現代に置き換えて映画にしています。 何の為なのか分かりませんが、この時代変更が大失敗。全て において違和感だらけです。 町や服などの見た目は現代で、制度や言葉などは中世のまま です。その矛盾がいろいろな所に出てきます。一番気になった のがさっきまで銃やロケットランチャーで戦っていたのにその 流れのままのマーシアスとオーフィディアスの宿命の対決がみ んなの見ている前で銃を下ろしてナイフで戦い始めるのです。 ナイフでの戦いになる必然が全くない状況なので明らかに演 出がおかしいです。しかもこのナイフでの戦いは1回だけでは ありません。 また、特権(貴族)階級と貧民の主従関係も現代で考えるとお かしいので現代に置き換えて良かった所がひとつもないので す。悪い所を上げればキリがないのでなぜ現代に設定したの か本当に不思議です。 現代設定に目をつぶってもあまりおもしろいとは思えません。 悲劇の主人公であるレイフ・ファインズ演じるコリオレイナス(マ ーシアス)に全く魅力がないのです。英雄である所がほとんど 描かれないのでただの暴君にしか見えず追放されても自業自 得にしか見えません。極端な志向の頭の固い戦争馬鹿であっ て感情移入出来る所なんて全くありません。母親も今で言うと モンスターペアレントみたいで異常者といっても過言ではない と思います。 設定がおかしい上にキャラもダメで映画としての魅力は0です。 シェイクスピア好きの人が見る分にはいいかもしれませんが、 それ以外の人にはオススメできません。

  • tt1********

    1.0

    駄作・愚作の証明

    他に言いようがありません。 一体何のためにこんな映画を撮ったのでしょうか? 誰か答えて下さい。 英国にいる俳優としたら一度はチャレンジしたかったのでしょうか? シェークスピア物に お金返して、時間返して、もっと他のことしたかった2時間を償って! ★1個でも多いわ!

  • tsu********

    3.0

    舞台と映画のハイブリッドの発想ですが・・

    さすがシェークスピアの伝統です。 「テンペスト」とかも同じアイデアですね、と思いながら見ていました。 ニュース映像も流用して、人間のいつまでもやめない紛争の愚かさを見つめていました。 監督のシェークスピア劇を現代に置き換えたこの映画の今日的意義は今一つ、明確にはわからなかったが、見ても損はない★みっつ。

  • fkx********

    3.0

    な、なぜだぁ…

    なんで、シェークスピアの作品を現代に舞台を置き換えて映画化したのか。 いや、現代に置き換えて映画化したいのなら、それはそれでいいとしても、じゃあ、どうして出演者たちが発する台詞は殆んどシェークスピア劇の舞台のまんまなのだろう? 現代のどこの国に、戦争の英雄が独裁者となっていて、しかも護民官だの元老院みたいな機関だのを戴く政府なんぞが存在するのだろう? そんな“独裁者”がTV討論で市民活動家たちから袋叩きに遭って暴言を吐き、論戦に敗れたぐらいで、どうしてパワー・プレイに訴える事も無く、ひとり野に下って、国境を越えて放浪生活ができるのだろう…。 単にシェークスピアの世界を現代社会に置き換えて寓話的に映像化してやろうという意図で制作されたようには、どうにも考えにくいだけに、この映画は見ていてツッコミ所満載であり、見ていくにつれて、どんどん映画としての魅力が消え失せていくのである。 戦争当事国の将軍同士が、軍用ナイフ一本を手にして“決闘”する事で、戦争の勝敗が事実上決まってしまうという展開には、呆れを通り越して、ただ苦笑するのみで、この映画が、殊更に真面目で真摯な姿勢で制作されているだけに、尚更にその思いが強くなって残念という他はない。 ところで、主人公の専横を恐れ、自分達の政治欲のために、エゴ剥き出しの権謀術数で権力を簒奪した政治家たちが、追い詰められた挙句にどうなったのか…とか、物語の前半で主人公に異常なまでに憎悪をぶつける女性市民活動家の末路とか、そういったものが全く描かれていないのはどうしたことだろう。 そういった部分が非常に大雑把に処理されているのが不思議でならないのである。 ラスト近くで、 「お前は、これまで流されてきた兵士達の血や失われた命の犠牲によって我々が手にしようとしていた目の前の勝利を、お前の年老いた母親の流すわざとらしい空涙ひとつで投げ捨ててしまったのだ」 なんていう台詞を、主人公は敵将から投げつけられることになるのだけれど、この言葉だけが非常に現実味を持って重く、この罪状ゆえに、主人公があのような制裁を受けるのも、まったく無理からぬ事であると、妙に納得させられた事だけが、変に印象に残っている不思議な映画ではあった。

  • hid********

    4.0

    シェイクスピアは台詞がオモロイ

    現代に舞台を変えて、観やすいようになっているが、 勿論、台詞はシェイクスピアのあの変態世界。 戦場って世界にアンマッチなのが、かえって良かった。 しかし台詞がクド面白い。「俺の心臓は、新婚の妻が初めて 我が家に足を踏み入れるのを見たときよりも 有頂天になって踊っている。」って何じゃその表現!

  • shoko

    3.0

    母親の影響力

    シェイクスピアの作品に興味はあるけれど、コリオレイナスってどんな戯曲か知らなかったので、みてみました。 レイフ・ファインズ、監督デビュー作。 さすがロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身だけあって、この作品への深い思いと理解を感じられます。 現代のパラレルワールド的ローマを舞台にしたのは、最初は臨場感とリアリティがありすぎて、嫌悪感があったほど。 暴力、殺戮シーンが長く続くので、見てられない、、と思っていたら、そのうち寝ちゃった。 こりゃだめだ、と翌日簡単なあらすじをチェックしたら、人間ドラマが待ってるぞ、ということがわかり、再度トライ。 そしてレイフが何故、現代に舞台を持ってきたのか、よくわかったんですよ。 だって昔の劇にかかわらず、そこに描かれていることはまったく現代と一緒。 政治家の思惑、民衆の先導されやすい性格、母と息子の関係。 あぁ、なんという悲劇。 現代劇としてニュース映像をもってきたり、テレビ番組収録風景にしてみたり、Skypeまでつかいながら、セリフは流麗なシェイクスピアの古典英語。 なんとうまい演出! レイフとジェラルド・バトラーのちょっとゲイ的にも思える関係もおもしろさをくわえている、、。あの自殺シーンもショックだー。 そしてもちろん母のヴァネッサ・レッドグレイブが圧巻だったんですが、なんという母親!という思いが強くて彼女が嫌いになっちゃった。 だからクライマックスのシーンでも、むしろいうことを聞かずにこのままローマに復讐しちゃえ~、ジェラールと添い遂げよう~(笑)、なんて気持ちになっていたので、あの展開に不満。 ラスト、あんまりだよ~という気持ち。 もちろんもともとこういう脚本だから変えるわけにはいかないし、悲劇を悲劇とちゃんと受けとめられたんだから、作品的に成功してるんでしょう。 でもなんだか燃焼できない気持ちが残ってしまったので、星3つだよ。 まったく個人的、感傷的な理由ですみません。 「ゼロ・ダーク・サーティー」でファンになったジェシカ・チャステインをみられたのも嬉しかったです。

  • den********

    4.0

    ネタバレコリオレイナスお前もか?ならば死ぬがよい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shi********

    5.0

    「シェイクスピア×アクション」

    今までシェイクスピア劇を映画化した作品は、たくさん観てきましたが、 ここまでアクションシーンに力を入れた作品は観たことがなく、 とても斬新に感じました! 何かのニュースで見ましたが、 ジェラルド・バトラーが本作について、 シェイクスピア版「ハート・ロッカー」と呼ぶように、 アクションシーンは必見ですね! 男たちの戦いがカッコ良すぎます!! あと、とにかくキャスト陣が豪華なのと、その演技力が圧巻でしたね! 特にレイフ・ファインズとヴァネッサ・レッドグレイヴの演技はスゴい!! 久々に演技力に圧倒される作品に出会いました。

  • XXX

    2.0

    ネタバレ幼稚なハゲ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    シェイクスピア

    シェイクスピアの悲劇を現代に置き換えているが、国家や台詞は古代。 ローマの勇士コリオレイナス(レイフ・ファインズ)は真面目一方で、議会や国民に媚を売ることが出来なかった。 その強さに嫉妬した議会はローマから追放してしまう。 コリオレイナスは隣国の宿敵オーフィディアス(ジェラルド・バトラー)を頼り、復讐心から共にローマを滅ぼそうとする。 コリオレイナスは連戦連勝でローマに進軍、あまりの強さにオーフィディアスにも嫉妬心が芽生える。 コリオレイナスの母役がヴァネッサ・レッドグレーヴ、妻役がジェシカ・チャステインという豪華な配役で舞台劇を見せてもらった。

  • 4.0

    強すぎる母とマザコン息子

    ローマを敵国から救ったのにもかかわらず、傲慢な態度ゆえに国を追われた男。ライバルの元に身を寄せ、母国への恨みをはらそうとするが、そこへ母親がやってきて、、、、、、、、、、っていうお話。 セリフや立ち位置はそのままに、シェイクスピアの悲劇を現代劇にアレンジ。イギリス人俳優で固め、古典的なイギリス英語が満載。しかし、名前は古めかしく、舞台は帝国になる前のローマ。レイフ・ファインズの初監督作品。。 ☆レイフ・ファインズ・・・傲慢さがあんまり見えなかったのが残念。それでもよくいえば正直な、頑なな性格がよく現されていました。心で思っていても口にだしてはいけないって言葉は、いまでもたくさんありますよね。。 ☆ジェラルド・バトラー・・・ライバルを迎え入れてみたものの、人気が二分するのには耐えられなかった?もっと懐の広い男だと思ったのですが、、、残念。。 ☆ヴァネッサ・レッドグレーヴ・・・子供を死なせても名誉が残ればいい。。なんて子供の前で言う母親。それに反発もできず、ただイイコイイコをしてもらいたい息子を作ってしまった。悪いのは息子じゃなくてアンタだよ。。。「ジュリエットからの手紙」では可愛らしいおばあちゃんだったのに、、、でも、凄い。。 舞台が昔のままだった方が良かったんじゃないのかな?現代って、意外性はあったけど、必然性は無かったな。。突然歌いだすミュージカルみたいに、大げさな言葉遣いにはまれる人なら大丈夫。。面白いって言うには当てはまらないし、感情移入もできないけれど、それでもストップを押さずに見てしまいました。。

  • tat********

    4.0

    一流の作品

    全員演技派で、見応え抜群。中年男子が、否が応にも憧れてしまうダンディズム。映画好きにオススメです!

1 ページ/2 ページ中