ここから本文です

ピープルvsジョージ・ルーカス (2010)

THE PEOPLE VS. GEORGE LUCAS

監督
アレクサンドレ・O・フィリップ
  • みたいムービー 23
  • みたログ 140

3.52 / 評価:60件

スターウォーズはだれのモノ

  • yuki さん
  • 2017年11月16日 7時20分
  • 閲覧数 306
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画の感想というより、スターウォーズシリーズに対する個人的な所感。とくに熱心なファンというわけではない。

劇中で新三部作に憎しみを訴えるSWオタクは多かったが、ぼくは平成生まれで「リアルタイムのスターウォーズ」といえば新三部作であり、いちばん思い入れのある作品はどれかと問われれば、ダースモールが活躍しポッドレースを繰り広げるEp1なのである。
単純な出来の良さで比較するならトップは「帝国の逆襲」を上げるだろうし、やはり新三部作よりは旧三部作のほうが全体的に優れてると思うけれど、だからといって新三部作がそこまで嫌われる理由もわからない。コレばっかりは、もはや世代の断絶と言うほかない。
Ep1のいったいどこが悪いのか。まずダースモールだ。ダースベイダーとならぶスターウォーズ史上最高にカッコイイキャラなのは論をまたない。彼の存在だけでEp1は意義がある。つぎにポッドレースだ。よく分からんがビュンッビュンヤッてて爽快だろう。ジャー・ジャー・ビンクス。コレに関しても特に嫌悪感を覚えたりしない。理由は恐らく彼とともにSWを共にしたからとしか答えられない。ぼくの子供の頃からジャー・ジャー・ビンクスはSWにいたのである。ウザいとなんと言われようがSWの欠かせない住人なのだ。
新三部作はポリティクスサスペンスの要素が新たに生まれた。彼らはシェイクスピア劇のような流転する悲劇の歴史を旅することになる。シェイクスピアの劇に道化は欠かせない。ジャージャーの登場は必然だと思う。
ミディ=クロリアン?あれは最低だ。

「帝国の逆襲」なんかはすごくウェットなドラマに仕上がっていたけど、あれはルーカスとは方法論がぜんぜん違うアーヴィン・カーシュナーの手腕だし、むしろルーカスの演出はとても”静”的なものだった。古臭いとも言えるかもしれない。SWの多くのカットもモノクロの古典を模倣したものだった。そういう意味でルーカスはクラシックな作家で、新三部作が時代にと映像に似合わず野暮ったく感じるのは、むしろ元からルーカスはそうだったんだ、と言うほかない。それでもあのスピード感溢れる新しいセーバー戦はルーカスの衰えない探究心の証拠の一つだし、あの壮大な世界と表情豊かなキャラクターの数々は、やはりルーカスだから作れたのだと再見してその思いを新たにする。

特別編問題に関して言えば、恐らく僕の初SWは地上波放送された劇場公開版SWなのだが、だからといって特に思い入れがあるわけでもなく、ぶっちゃけどっちでも良いかなという印象。正直なとろこシーン変更があっても良くわからない。(ハン・ソロが後撃ちするシーンは流石にヒドイと思う)
一方でやはりオリジナルがどうしても観たいんだ、というファンの気持も良く分かる。見せてやればいいのに、減るもんじゃあるまいし、とは思う。

けれどルーカスにも事情がるんだ。というのも伝わった。 『THX1138』『アメリカン・グラフィティ』でスタジオの指揮に逆らえないという辛酸を嘗め、スターウォーズでは自分のコントロールが離れた瞬間に『ホリデースペシャル』という黒歴史が爆誕してしまった。芸術家ならどうにかして自身のクリエイティビティを守りたいと思ったはずだ。その結果かれは自身の制作会社を設立し、ついに自身に文句を言う権力者から自由になれたはずだった。しかし、今度は彼がその権力者となってしまったのだ。次第にファンとも心が離れ、孤立化してゆくさまはまさに帝国の独裁者。なんという悲劇だろう。

この映画の後、ド級のニュースが映画界を駆け巡った。ルーカスフィルムがディズニーに売却され、スターウォーズの最新作が新たな製作者の手によって製作されるというのだ。ルーカスは以降スターウォーズから手を引くという。もうファンから批判されるのはイヤなんだと。んで、公開された。ショッキングな展開もあれど、なんとなく皆が予想してた感じの新作だったんじゃないかと思う。

新三部作から、映像作品として遥かにクオリティアップしていたが、同時に言い表しようのない寂しさを感じた。新三部作よりずっと面白い映画には違いない。違いないが・・・。僕らが求めていたのは本当に面白い映画だったんだろうか。これでよかったんだろうかか。ルーカスはたびたびインタビューでEp9,或いはEp12までの構想があることを語っていた。今となってはどのような内容だったのか、知るすべもない。しかし、たとえ旧シリーズのファンが不満を示すような、つまらない内容だったとしても、ホンモノのスターウォーズはそこにあったんじゃないか、という気がしてしまう。ピープルよ、ほんとうにこれでよかったのか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ