ここから本文です

マメシバ一郎 3D (2011)

監督
亀井亨
  • みたいムービー 16
  • みたログ 83

3.38 / 評価:32件

一郎あっての二郎ですね

  • X height さん
  • 2014年9月5日 6時53分
  • 閲覧数 498
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作の「幼獣マメシバ」に続き、今回もタイトルが「マメシバ一郎」なのに、相変わらずメインは飼い主佐藤二朗のちょっとした成長物語でしたね。
まあシリーズファンなら全く問題なしですが、よく知らずに何でもいいからワンちゃんに癒されたいと思って見た方は、何で中年ニートの日常ばかり映すんだよと、憤ること間違いなしでしょう(笑)

しかも劇場公開時は何故か3Dでの上映だったんだとか。(公開当時は3Dブームだった頃か)
全く持って意味なし、むしろ2Dの方が見易いと思うので、逆に無駄に評価を下げてしまったのでは?

しかし内容的には前作よりも物凄くコンパクトにまとまっていて(逆にコンパクト過ぎかも)、中だるみすることなく笑えて泣ける、なかなかいい映画に仕上がっていたと思いましたよ。

犬にとって一体何が一番の幸せなのか、とても考えさせられる内容でしたし、飼い主である以上、何をしてあげなければいけないのか、その辺がグッと伝わる内容になっていて、不覚にも「あのシーン」では思わず涙でした。

と言った訳で、一郎と二郎の絆には今回もまたほんのりと感動させられたのですが、志賀廣太郎が演じた叔父さんの言葉も何気に心に響く言葉が多くて、温かい気持ちにさせられましたね。
それとヒロインの臼田あさ美とは、前作の安達祐実に続いて相変わらず恋愛関係になりそうな匂いがなかったのも、このシリーズらしくて良かったです。

毒舌を封印し、中年ニートからちょっとした成長を見せた二郎が、今後どう生きていくのか、何だかんだで続きが気になります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ