レビュー一覧に戻る
るろうに剣心
2012年8月25日公開

るろうに剣心

1342012年8月25日公開

しおびしきゅう

4.0

ただいまでござる!

日本テレビ『金曜ロードショー』で鑑賞! 2021年4月30日(金)放送分を録画で! CM等を入れて、全部で115分だったから、だいぶカットされてましたね! 今年オイラが観た、193本目の映画! 自分から調べようとしなかったからだけど、ずっと謎だったタイトルの『るろうに』の意味! 薫(武井咲)のセリフが『るろうにん』って聞こえたから、わかった! 『流浪人』だったんですね! 流浪と浪人をかけているのか、流浪+人なのか、そこはよくわかんないけど、まあ、そういう造語を作った意味や意図は、分からんけど! 幕末・明治維新で、長州藩の桂小五郎=木戸孝允の命を受けて、暗殺者となったのが、人斬り抜刀斎=緋村剣心(佐藤健)だったんですね! で、10年経って、『不殺(ころさず)の誓い』を立てて、人を殺さずに人助けをする流浪の旅をしているって! まあ、それくらいの設定というか、背景は、説明があればわかり易いんだけど、どうですかね? でも、『不殺の誓い』を立てた理由が、いまいちよくわかりません! そこまでかたくなに守り通す誓いなんだから、何か凄い理由や出来事があった筈! それについては全く言及なしで、そこはちょっと不満が残るところ! まあ、無敵に強いヒーローにも、弱点や縛りがあることで、物語は変化や幅ができて面白くなるもの! 殺さない=とどめを刺せないということは、闘いを終わらせるのに苦労しそうではあるが、それで面白くなるのなら、理由は後付け?! チャンバラに、ワイヤーアクションを組み合わせて、新しいアクションにしてあり、速くて動きについて行けませんが、なんだか凄い、おもしれーや、って感じではあります! ノーカットだと、もっと面白いのか、ダレるのか、どうでしょう? 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

閲覧数978