レビュー一覧に戻る
青い塩
2012年3月17日公開

青い塩

BLUE SALT

1222012年3月17日公開

illbeback1229

2.0

韓国映画は大好きな事を踏まえてあえて…

自分、ソン・ガンホはとても大好きな俳優の一人で、彼の作品は殆ど観ている。勿論彼が出演しても良い作品もあれば悪い作品もある。今回は申し訳ないけど後者の方になってしまった気がする。この作品を監督した人は背景の美しさにこだわり過ぎて肝心の演出をおろそかにしてしまったようだ。昔よくあった韓国映画特有の理解できない、何でこうしないの?といったシーンが結構あった。まず、二人が料理教室で初めて知り合うシーン。当初は彼女は彼を監視してどういった生活をしてるのか?何をしているのか?を探るいわゆる探偵のようなものをすれば良いのだから、接触する必要が何故あるのか?(それがないとこの映画作る必要が無くなるけど…)そして接触したはいいけど初対面でいきなりため口で話す。これは観る人によっては「あなたは私を知らないけど、私はあなたを知ってるよ」と言ってるようなもの。知ってるからため口で話せるのだと思う。さらに彼が世話になった会長が殺された犯人を見つける時に弟分に調査をさせるけど、その弟分ただのヤクザなのにFBI顔負けの情報を仕入れてくる。なんでそこまで調べられるの?と思うほど凄い不思議だった。長い埠頭の先端で彼の背中に銃を向け、彼女の親友を何故殺したか尋ねたシーン。彼がほんの5~7秒位話して振り返ると跡形もいなくなってる。あんな長い埠頭を10秒弱で音も立てずに視界から消えるなんて絶対不可能。これが一番ありえないシーン。他にも言いたいけど、とにかくこのような不思議なシーンが多い。そして女優の演技が素人の域を超えていない。表情とかを言ってるのではなくバイクを運転するシーンとか銃を投げるシーンとかが本当に素人過ぎた。そのへんは事前にもっと練習しとかないと、些細な事だけど映画のシリアスさを下げてしまう。肝心のラストももはやサスペンスではなくファミリームービーになってしまったのも大ショック。せっかくソン・ガンホが出てるのに…でも彼の作品はこれからも観ていきます。

閲覧数279