レビュー一覧に戻る
青い塩
2012年3月17日公開

青い塩

BLUE SALT

1222012年3月17日公開

yom********

4.0

ツンデレデレデレデレデレ

ツンデレは、日本が世界に誇るべき文化、であることは間違いない。 反日国家韓国でも、ツンデレだけは、認められているようである。 でも、この映画、ツンデレで終わらず、その後、デレデレしまくりであった。 あまりのデレデレしまくりには、ちょっとびっくりしたけど、セビンがかわいすぎるからすべてが許されてしまうのであった。 わりと殺し屋の恋ってべたな内容な気がするし、菊池凛子の「ナイト・トーキョー・デイ」を思い出したりもしたけど、結構、簡単に寝返ったよね。もうちょっと、セビンの友達を巡る物語で、愛してるけど憎いみたな感情を引っ張ってもよかったんじゃなかろうかと。ちょっと、セビン単純すぎって思いました。 あと、韓国版、三つの袋、みたいなのって、セビンは、答えを言っていなかったような気がするのだけど。わりと有名な小話なんでしょうか。まあ、それが大事っていう物語にはなっていると思うのですが。 でも、ソン・ガンホはやっぱりうまいし、シン・セギョンも魅力的だしね。その二人のための映画としてみれば、楽しめるのでした。

閲覧数366