ここから本文です

貞子3D (2012)

監督
英勉
  • みたいムービー 50
  • みたログ 817

1.58 / 評価:996件

評価者の69%が★1、信頼の数字

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年7月22日 5時52分
  • 閲覧数 352
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1594作品目。J-COMはファミリー劇場にて視聴。

「呪いのテープを見たら、一週間後に殺される」から現代風に変化。

「某ホラーYoutubeを見たら、結構すぐ死ぬ」に。
そして貞子を蘇らせたい「狂った信者」と、貞子の憑代になる(貞子と同じ能力を持つ)女性が主人公。主人公の彼氏は正義と勇気で彼女を守る。

いやもう、良い所が何一つ見つからない。

そしてマイナスポイントはそれこそ山の様に。

・貞子が怖く無い
・モンスター貞子が多すぎる(数十人は居たぞ)
・ヒタヒタホラー映画と言うよりも、蛾モンスターパニック物ですか

この様に、設定そのものに不満もあるし

主人公がモンスター貞子を倒した時に「たまたま階段で都合良く拾ったステンレスの槍」。もう命綱なんだから当然逃げる時も所持すべきなのに、アッサリ捨てて逃亡。
その後「大量モンスター」のシーンで、都合良く何故かまた手元に。

そんなこんなでストレスがプライスレス。

が、やはり一にも二にも、「モンスター貞子」の数が多すぎて・・「遊体xですかそうですか」位にワラワラしているので全く怖く無い。

脚本がそもそも致命的なのか、監督の指導・指示が酷いのか解らないですが。
いやあ酷い、本当に一円の価値も無い映画になっていましたよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ