ここから本文です

アベンジャーズ (2012)

THE AVENGERS

監督
ジョス・ウェドン
  • みたいムービー 529
  • みたログ 7,089

3.98 / 評価:4,660件

解説

アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見ものだ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

TM & (c) 2012 Marvel & Subs.
TM & (c) 2012 Marvel & Subs.

「アベンジャーズ」エージェント・コールソンこそが、もっとも重要な存在である

 映画「アベンジャーズ」でもっとも重要な存在は、鋼鉄の鎧をまとった無敵のアイアンマンでもなければ第2次世界大戦の超人兵士キャプテン・アメリカでもない。もちろん北欧神話の世界から抜け出してきた雷神ソーでも、怒りに駆られて暴れはじめると誰にもとめられないはた迷惑な超人ハルクでもない。彼らスーパーヒーローたちの活躍は派手に痛快に壮絶に描かれる。監督ジョス・ウェドンはそれぞれのヒーローに見せ場を用意している。アイアンマンとソーとキャプテン・アメリカの三つどもえの衝突は、巨人同士のぶつかり合いの迫力をたっぷり味あわせてくれる名場面である。だが、それだけではこの映画は画竜点睛を欠いていたかもしれない。

 これだけのヒーローをまとめて敵にまわすのだから悪漢の方もそれなりの存在感が必要だ。邪神ロキ役のトム・ヒドルストンは、前作「マイティ・ソー」以上に悪に徹し、気持ちよい暴れっぷりを見せつける。下手をすればヒーローたちが寄ってたかってリンチにかける展開にもなりそうなのに、奸知とパワーで圧倒し、悪の魅力をふんだんにふりまくハンサムは、映画を盛り上げる好敵手である。

 だが、それでもまだ足りない。

 「アベンジャーズ」を支えるのは超常パワーを持たない普通の人間たちである。S.H.I.E.L.Dのエージェント、コールソンは伝説の英雄、キャプテン・アメリカの大ファンだった。第2次世界大戦中に発行されたトレーディング・カードをコレクションしている彼は、キャプテンのコスチュームを自らデザインし、おずおずとカードを差し出してサインを求める。コールソンこそコミックファンの代表であり、観客みながくすぐったい思いを感じながら感情移入してしまう存在なのだ。そしてコールソンのおかげで、キャプテン・アメリカは真のリーダーたることを決意する。ジョス・ウェドンのコミック愛を反映したエージェント・コールソンこそが、巨人だらけの映画におけるもっとも大事なピースなのである。(柳下毅一郎)

映画.com(外部リンク)

2012年8月9日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ