2012年2月11日公開

51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ

802012年2月11日公開
51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ
4.3

/ 44

55%
27%
11%
2%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • nyh********

    5.0

    地球はまだまだ捨てたものじゃない

    不思議発見を見て、すぐに映画館へ走りました。たかがパンダ、されどパンダ。地上の生の営みは普遍です。おばさんとしましては、自分の出産、育児、多くの人のサポートを得て、成人まで子供たちを育て上げたことが走馬灯のように浮かび、感慨深いものがありました。経済成長著しい中国にも、こんなに純粋にパンダとむきあっている人々がいるんですね。いや、パンダとむきあうことが、飼育員を純粋にしているのかもしれませんね。いい映画です。

  • kei********

    4.0

    パンダだって大変なのよ!!

    iPod nano(第3世代)=49.2g 蒟蒻畑(マンナンライフ)×2=50g 1円硬貨×51枚=51g ポテトチップス(普通サイズ)=58~60g ウーイーが生まれたときの体重を一般的なもので示してみようと思って上記の例を挙げてみたのですが、想像がつくでしょうか? パンダは通常でも150g前後で生まれてくるというので、成長した普通のパンダを考えるとそれでも十分驚くのですが、ウーイーはその約3分の1というから異常に軽いことが分かります。 ウーイーがどうなってしまうのかが全編を通して描かれており、ウーイーの顛末には意表をつかれました。 ただ、この作品はウーイーのことのみを描いている訳ではありません。 ウーイー以外の母子も何組か描かれており、それぞれ異なった問題を抱えています。 パンダの母親も人間の母親のような症状や行動が出ることには驚きを隠せませんでした。 また、頭数が少ないが故に子作り優先の生活を課せられていて可哀想でもありました。 「消臭力」のCMで一躍有名になったミゲルくんが主題歌として「翼をください」を歌っていたことにも驚きました。 この作品はパンダの生態が良く分かるので、大人はもちろんパンダ好きの子供が観ても楽しめる作品です。 特典映像にパンダトリビアミニクイズがあり、全10問を正解すると何か良いことがあるかもしれません。 このクイズは子供が喜ぶ仕様だと思います。 ちなみに、映画を観ていれば大半は分かりますが、それ以外の知識も多少必要となります。 親子でご覧になってみてはいかがでしょうか。

  • psd********

    5.0

    ただごとではない映画、しかし難しくはない

    ちょっと、他人の評価が気になる映画だと思いました。 初日に家族4人で見に行きました。嫁は号泣、9才の娘はちょっと難しかったかのようだが、面白かったと言う反応。6才の息子はもっと単純に楽しんでた様子。何よりも、ファミリー映画だと斜に構えて見に行った自分が、一番泣いていたと思う。お涙ちょうだいの映画なら泣かない。なんだか自分の事のように泣いてしまった。これは、子供とか女の子とかよりも、大人の男が見るべき映画だと思った。それなりの人生経験積んでる男は、泣くと思う。泣ける映画がいい映画だとは思わない。しかし分の人生を振り返るとてもいい機会になると思う。嫁も、そんな感じで受け止めていたようだ。これは悩める母親の為の映画だと。 娘にとってちょっと難しいと言うのは、難解だったと言うのではなく、まだその年齢では感じられない事で、それは追々親がフォローしていくべき事なのだと思う。うちに関して言えば娘が高校卒業くらいにもう一回見るのがちょうどいいでしょう。そしてそれぞれが最初に見た時の話が出来れば、それでいいと思う。けっして親の苦労を映画に則って説教したい訳でもない。団欒ゲームに娘をつきあわせたい訳でもない。子供の頃に親子一緒に見た映画があり、そしてそれが10年後にはお互いにどういう形で残っているか、確かめ合える映画だと思う。我々夫婦に取ってもお互いが将来どういう評価を下せているか興味のある、そんな映画でした。 未熟児とか障害とか、そういったテーマが重たくのしかかる映画ではないです。むしろそう言う描写はあっという間に過ぎ去って、パンダ社会のあれやこれや、可愛いらしい成長日記に心奪われている間に、号泣していたという感じです。子供の悩みや生命力と言うよりも、うまく子育て出来ない母パンダたちの苦悩の方が印象的でした。 とにかくこの映画は、可愛いだけではない、しかも難しい訳ではない、そして深く考えさせられる、なんとも説明に困るような、ただ事ではない映画でした。

  • jan********

    4.0

    ネタバレほんのりジーンときました。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tes********

    4.0

    世間で汚れた心が少し浄化された

    素直に心から可愛いって思える!! こんな子といっしょに暮らせたら他にはなにもいらない! 

  • sno********

    1.0

    この映画

    微妙

  • bow********

    5.0

    お母さんにありがとう

    ちょっと疲れた自分に、時にはゆったりとした時間もいいかなぁと思い、なんにも考えずに映画館へ。かわいいパンダを見て存分に癒されてこようという魂胆でした。 しかし! 良い意味で私の期待を裏切りました。なぜなら、この映画は、ただかわいい~と黄色い声を上げるだけの映画ではなく、なんだか泣けるんです。とても。 号泣ではなく、知らぬ間にポロポロと頬を伝うような涙。 パンダの社会はまるで我々人間社会の縮図のようでした。 知らぬ間に色々と考えさせられる映画です。 でも、かわいいパンダでやっぱり心はほっこり温かい。 事前の期待を充分に裏切り、大満足の映画でした。 お母さんって、どの世界でも大変ですね。 鑑賞後、なんだか無性に母親の声が聞きたくなり、思わず電話してしまいました。

  • ぶーすか

    4.0

    ネタバレパンダフルライフ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kum********

    5.0

    ネタバレ可愛いだけの映画じゃない…でも可愛い☆

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • osc********

    5.0

    見たことの無いパンダを観られる映画

    子供向けの映画かと思って観に行きましたが、親子連れは少なかったです。 それもそのはず、子供向け映画への期待を良い意味で裏切ってくれました。 子育てへの葛藤や、子パンダの反抗期など、母パンダと子パンダの関係を中心にストーリーが展開します。 ちゃんと子供が喜ぶようなパンダの可愛いシーンもちゃんと捉えています。 この映画で初めて知りましたが、パンダって笑ったり怒ったり悲しんだりする表情がとても豊かなんですね。 これもパンダ基地での長年にわたる取材の賜物なのでしょう。 51(ウーイー)の今後も気になります。 ぜひ続編を期待します。

  • sux********

    5.0

    出掛けよう

    私達が少なからず何か働きかけるきっかけになる事は 待っていても来ない パンダはパンダである事は確かなのだけど それを確信したとしても一頭として生きるのだから 何かに触れる事の先に何かがあるのなら パンダがしてきた事にも何かあるのだろう この先数秒後がどうなるかはわからないのだけど 時間を大切にしたいならばこういう時間がこの世にあるという事を 素直に受け入れるゆとりと気持ちがなければなと改めて考えるのでした たった一人で自転車を漕ぐならばこういう時間を通り過ぎる事もいかがでしょうか

  • tak********

    5.0

    パンダ天国♪

    なかなか良いドキュメンタリー映画でした♪ パンダ好きなら絶対に見るべきです! もっとパンダが好きになると思います(*≧∀≦*) エンディングテーマの ミゲルくんが歌う 翼をくださいもよかったです♪

  • hid********

    5.0

    パンダから伝わる

    生き物の大半は生まれてすぐに泣くのでしょう どんな危険がそこにあろうと泣くのでしょう この映画に出てくるパンダも生まれてすぐに泣いていました 泣かないパンダもいましたがそれを見つめる目がありました ああでもないこうでもない言っていてもその目には諦めがありませんでした 戸惑い、困り、苛立ち、好奇心 様々な感情がこの映画の制作者の五感を通じて伝わってきます それは豊かと言うにはあまりに簡単すぎるのですが 私からこの映画を伝える最善の言葉です 見る者を選んではいない映画です 是非劇場へ足を運んで下さい

  • haf********

    5.0

    大人のための癒し映画

    笹をハムハムしているコロコロ可愛らしいイメージしかないパンダですが、冷静に考えると出産、子育て、成長などは分からなかったのでそういう点は興味深かった。(しみじみ、パンダも人間とおんなじです) あと、もちろんのことですが可愛らしく無邪気なパンダたちに大いに癒されます。 パンダの楽園「パンダ基地」、俺もパンダになって遊んで食べて…いいなぁって思いました。 ナレーションはちょっと「うーん」と感じるところもありましたし、最後の「翼をください」の鼻についた歌い方も合ってないと思いました。(もっと爽やかな方がいいのでは) パンダの子育ての悩みが人間に置き換えて考えられたりするとちょっと小さい子供が観るには難しいというか、どうかなぁと個人的には思います。 そういう点では案外大人のための癒し映画といえるかもしれません。注文の付きますがドキュメンタリーとしては星5つです。

  • gan********

    4.0

    生きる力

    未熟児で生まれた51 母が見捨てた小さい命。 一生懸命生きる姿に感動しました。 エンディングの歌は合っていない気がしました。

  • ta8********

    5.0

    しろ

    あか

1 ページ/1 ページ中