レビュー一覧に戻る
センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
2012年3月31日公開

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島

JOURNEY 2: THE MYSTERIOUS ISLAND

942012年3月31日公開

スナフキンM

3.0

1作目よりワクワク感あり。既視感多数だが

地底にはいかないセンター・オブ・ジ・アース2であるが、主人公は同じ役者だし、ジュール・ヴェルヌの世界が実在したって想定であるから続編でいいのだろう。 前作は叔父さんと冒険にいったが、今回は義父。こいつはいつも周囲の大人と折り合いが悪いのか。一応前作の地底発見の回顧がでてくるので、同じ人という設定なのだろう。で、お爺さんも行方不明になっていた。お父さんは前作で地底で死んでいたわけで、凄い血筋。 で、登場した義父がドウェイン・ジョンソンなんだから笑える。ムキムキマン大胸筋やびっくりの美声生歌でさすがのハリウッドの稼ぎ頭まで登りつめた側面をみせてくれる。 今作はヴェルヌの謎の島だけではなくガリバー旅行記などの要素も取り入れているのであるが、謎の島は「天空の城ラピュタ」に酷似した嵐に守られて外部からはわからない孤島で、実態は失われたアトランティス大陸の古代文明があるあたりもラピュタっぽい。前作と異なり、独自の進化を遂げた生物の大小逆転現象が面白い。象や鮫は小さく、アリや蜂は巨大である。 まあ、子供向けなのでご都合主義なのは随所に。長くその世界で暮らし馴染んでしまった祖父(マイケル・ケイン)であるが、孫がきたら、島全体が沈没とか、電源がないところに巨大な電気ウナギとかもう隠すことすらしない開き直り。が、そういった荒唐無稽も存在そのものが荒唐無稽なジョンソン氏のおかげでありえるかも!って楽しめるのが今作。 ラストに登場する、ヴェルヌの海底万2万マイルのノーティラス号がカッコよく十分に楽しめた。

閲覧数467